しいたけのてっぺんからなにやらはえている
f0024090_23265586.jpg




f0024090_23405473.jpg

今日は鍋にしましょうと、野菜室からシイタケを出してみれば
しいたけのてっぺんから、なにやらはえている。
ナンダロ、ナンダロ。
せつない表情の鳥?
フシギ、フシギ。

せつないと言えば、先日の神社ねこ。
ご飯待ちの背中に哀愁が漂ってた。
にゃんかくれるのかぁ?と寄ってきたけれど
何もくれないとわかると、また定位置に。
f0024090_23402678.jpg

蝋梅 がほころんできました。
[PR]
by calligraphy_m | 2009-01-07 23:37 | 墨(象)
<< 冬枯れの中の色。 つつがなく >>


Top

呼吸するように書く
by calligraphy_m