風が味方になったり、敵になったり。
f0024090_20141162.jpg




週末は2週にわたり、我が愛車にまたがってお花見ラン。
そこかしこで盛り上るお花見の宴を横目で眺めつつ、ひよひよと空に向かう雲雀の声と、ほーほけきょの鶯の声に耳を傾けて、ほにゃらかーっと春の余韻に浸ってみるのだけれど、後ろにつく同居人からの声援ともプレッシャーともつかない「足をくるくるまわせー」のかけ声で、ほにゃらかーは淡く消え去って。
そんなわけで、先週は羽村の先の阿蘇神社まで40キロ、今週は青梅まで50キロ。
追い風は味方につけて、向かい風とは対決...撃沈。泣きが入るも、頼れるものは自分の足のみで、誰も助けちゃぁくれません。んぐぐぐぐ。
f0024090_20163738.jpg
f0024090_20152213.jpg

ツール・ド・フランスではひまわり畑の中を走る映像が印象的。
なので、多摩川では菜の花畑と、ツールもどきの撮影会。
颯爽(?)と走る我が勇姿です。(同居人撮影)
向こう岸にうっすらと見えるは桜並木で、多摩川サイクリングロードの景色もなかなかのもんです。
以前はふらふらになって上ってた二子玉の激坂から用賀のだらだら坂も、どうにか上れるようになって、これもバレエで足を鍛えたおかげでしょうとご満悦。

今週末も晴れの予報。
少しだけ筋肉のついた足が鳴っています。
風ガソヨソヨ、桜チルチル、足ハクルクル。
うららかな春を満喫するために、また懲りずに漕ぎ出すことでしょう。
[PR]
by calligraphy_m | 2009-04-09 20:16 | 墨(和)
<< いちご収穫 たけのこゆでる >>


Top

呼吸するように書く
by calligraphy_m