さやむきさやむきさやむきさやむき....
f0024090_1932264.jpg




f0024090_18321673.jpg

実家から送られてきたメロンやらオレンジやら梅干しやら、大量の食料が詰まったダンボールの中で、この白い袋はなんだろ?と開けてみましたら、大量のさやえんどう。ほんの数日前には、スーパーのさやえんどうの「少量」パック詰めの値段におののいて、買おうか買うまいかしばし悩んだというのに。嗚呼、もう少し早く送ってくれたならばと、東の空に呟いてみたのですが、母さん、娘の声が聞こえたのでしょうか。昨日の電話では、梅干し酸っぱいでしょう?酸っぱい梅干しにはハチミツをかければいいのよって、今度はハチミツを送ってくれるそうです。ありがとう。
ゴールデンウィークだというのに顔を見せない娘に、秋波ならぬ初夏の波を送っているのでしょう。
さやえんどうは、さやむきさやむきさやむきさやむき....と呪文のように唱えながら、茹でて冷凍庫の中で眠ってもらってます。

グラン・トリノ_■観ました。
白人差別主義者の頑固爺の台詞を日本語に訳すのはひと苦労だったのでは?
戸田奈津子さん、グッジョブでございます。
いや、しかし前方に座るアメリカ英語を解すると思われる外国の方々のクスクス笑いを聞くにつけ、原語で理解できたらもっと面白かったろうにと思います。
それにつけても、大量の涙。
エンドロールでは、グラン・トリノが通った後の道は小型車ばかりなり。
クライスラーもいよいよ破綻となり、古き良き時代のアメリカが終わったことにしみじみ。そして新しい時代が来ても、違った形で古いものを受け継いでいくという希望を感じながら、ややしばらく涙が収まるのを待って、観客席から立ち上がるのでした。
[PR]
by calligraphy_m | 2009-05-04 19:04 | 墨(象)
<< [椿花 CHINKA] ライラック >>


Top

呼吸するように書く
by calligraphy_m