黒、紫、そして赤
f0024090_1855034.jpg

今日は子規忌。
なので、秋の句を墨で書いてみた。
山中湖に行ったので葡萄を買いたい!と思ったのに、運が悪くて買えず仕舞い。
嗚呼、葡萄食べたい。



一方、ベランダで4月から苗で育てていたミニトマトが、ようやく赤くなりました。
夏の強い日差しを受けても全く赤くならなかったミニトマトですが、何故にこんな秋の柔らかな日差しになって、赤くなるのでしょう。不思議、不思議。
不思議と言えば、葉陰に隠れていたししとうが赤くなってました。何故何故。
これって食べられるのでしょうか?大層辛そうに見えるのですが。
f0024090_1922259.jpg
f0024090_1922377.jpg

勇気をだして食べてみましょう。
[PR]
by calligraphy_m | 2009-09-19 19:23 | 墨(和) | Comments(8)
Commented by kazuyoo60 at 2009-09-20 12:16 x
スーパーのブドウではダメなのですね。
赤いミニトマト、美味しそうです。ぱくり!。
赤いトウガラシですか。さあ~、食用となっていましたか。
Commented by calligraphy_m at 2009-09-21 18:13
>和代さん
忍野八海にちゃりちゃり行ったら、屋台でこんもりと盛られたぶどうが¥1.000で売られてたのですね。けれども自転車ってのは荷物は厳禁、泣く泣くあきらめたのでした。
あきらめたとなると、かえって食べたくなる...夢にもこんもりとした葡萄が出てきそうなほど。(笑)
赤いししとう、なかなか食べる勇気が出ずに、食卓の上にころがしておいたら...しなびてきちゃいました。ああーん、どうしましょうどうしましょう。
野菜炒めの中に放り込んでみようかしら。
それにしても不思議です。
同じ色のトマトならパクつくのに、本来緑であるべきししとうが赤くなると食べられなくなる...色に対する人の刷り込みってなんだか面白いです。
Commented by non at 2009-09-23 16:35 x
こんにちは。
この連休中に、今年初めての葡萄を食べました♪
残念ながら(?)緑色のナイアガラでしたけど。
香りが良かったです。
こちらで書を拝見したら、黒っぽい紫色の葡萄食べたくなりました!
Commented by calligraphy_m at 2009-09-24 18:39
>nonさん
こんにちは。
書に反応してくれてありがとうございます。
今更ながら、葡萄って字はもうちょっと丸っこく書いた方がよかったのではないか、とか、子規の句なんだからもうちょっと飄々と書いたらよかったのでは、とかとか後悔しつつ。
ナイアガラなんて花火みたいな名前の葡萄があるのですねぇ。
気になったので検索ちゃん。
そしたらそしたら母の実家のある農協に行き当たり、おもわずポチッと。届くのが楽しみです。
Commented by fastfoward.koga at 2009-09-26 00:45
山中湖、いいですね。
旅先を考えるときに浮かんでは消え、浮かんでは消えしている場所です。

書は、線の細さが秋を感じさせます。
そういえば今日きんもくせいの香りが鼻先をかすめました。
ベスパに乗っているときでしたが、周囲にきんもくせいはなさそうだったのですが。
見えぬところで、秋は歩を進めているのですね。

Commented by calligraphy_m at 2009-09-28 16:53
>コガさん
山中湖へ行くのなら、絶対に晴れてなくてはなりません。
富士山は絶対に見えなくてはいけません。
富士山の見えない山中湖なんて、ケチャップのないオムライスのようなもんですから。(たとえが小さすぎです。)

金木犀の香る頃になりましたねぇ。すっかり秋。
朝ジョギングしていると、金木犀の香りと銀杏のつぶれた匂いが交互にやってきます。金木犀って、花自体では主張せずに香りで主張するのが、なんとも奥ゆかしいというか。ちょっとセンチメンタルな気持ちにもなるのが不思議です。
Commented at 2009-11-18 05:23
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by calligraphy_m at 2009-11-18 19:25
>鍵コメントさん
こちらこそご無沙汰しちゃってます。
あれからもう1年もたつんですねぇ。はやっ!
新しいブログ楽しみにしています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< カネゴン? ちゃりちゃり山中湖 >>


Top

呼吸するように書く
by calligraphy_m