でかさつまあげ
f0024090_2354450.jpg




f0024090_2323481.jpg
f0024090_2324949.jpg

冬眠前に木の実を集めるリスかヤマネのごとく、せわしなくしております。
(かわいい小動物に喩えるのもどうかと思いますが。)
心がかさかさとカサブタができるほどに乾いているので、こんな時には甘いもん。

ちょっと前のことですが、多摩サイをちゃりちゃりと流していたならば、もみじ市とやら_■クラフト系女子(クウネルなんかの雑誌に出てきそうな女子のこと)がわんさかわんさか、美味しそうな屋台が並び、前衛なダンスが披露される、そんなイベントに出くわしたわけです。
そんな中を、自転車ジャージの浮きまくった恰好で回遊魚のごとくうろうろ(頭にはヘルメット!)、ゲットしたのはfuracoco_■の栗の渋皮煮。

そんなわけで、栗の渋皮煮入りパウンドケーキを作ってみるのです。
ここはひとつマクロビなるものをってことで、こちらでレシピはゲット_■
オーブンのオレンジの光の中でくるくると回ってできあがったものは...
ご覧の通り、全く膨らまず。素朴でずっしりとした...
巨大さつまあげ?

ハイ、またリベンジしてみます。
[PR]
by calligraphy_m | 2009-10-30 23:05 | 墨(象)
<< 拾いもの 牛になる。 >>


Top

呼吸するように書く
by calligraphy_m