ホトトギス
f0024090_23133081.jpg

花のホトトギスを漢字で書くと、時鳥草・杜鵑草・油点草
一方、鳥のホトトギスは杜鵑・時鳥・子規・不如帰・杜宇・蜀魂・田鵑
こんなに漢字があるんだそうです。_■
そんなどうでもいい小ネタを披露しつつ。



f0024090_22583587.jpg

毎日通院中。
毎回たった5分間の治療に往復2時間かけて行くってのは、なんとなく納得いかないような。(いえ、だからって治療時間を長くされても困りますけど)
その上、苦行の会社員生活から解放されて早十余年もたってしまうと、ひと月以上、来る日も来る日も電車通院ってのはしんどいだろうなと恐々としていたのですが、半月ほどたつと結構慣れてくるもんですね。帰宅途中の寄り道が楽しかったりして。デパ地下では匂いに誘われてふらふらと徘徊してみたり、ブーツ売り場でとっかえひっかえ試着してみたり、スポーツショップでお洒落なランウェアとはなんぞや?と模索してみたり(東京マラソン10キロに当選してしまったので)。

そんな通院途中にふと目につくのは、今秋、はじめて名前を知った花「ホトトギス」。地味な花で全く目立ちませんが、人家の庭先に植わってるのを確認すると、寒い中、君たちも健気に咲いてるねぇと話しかけてる変な人、ここにあり。

そんなわけで、引きこもってカレンダーを作ってる余裕がなく。
待ってらっしゃる方がいるのかどうか、いささか疑問ではありますが、来年の手作りカレンダーはお休みします、とお断りしておきます。
[PR]
by calligraphy_m | 2009-11-16 22:59 | 墨(和)
<< 冬の使者? 拾いもの >>


Top

呼吸するように書く
by calligraphy_m