漱石の新年
f0024090_1637278.jpg

元旦の毎日新聞に紹介されてた俳句です。
漱石さんは「墨を磨る君」という妻か恋人か友人がいたようですが、わたしにはだれもいませんので(テーブルを挟んだ向こう側に同居人がいますけど、そんなことはしてくれないのは自明の理でして)いつもは墨汁で済ますところを、自分で墨を磨りました。で、書き初めを。まぁ、気持ちも新たに今年も始めましょう。



f0024090_15363968.jpg

恩師からいただいた年賀状には「平凡」とありました。
先生は病を患っているものの、臨書に親しむ毎日だと書いてあります。
わたしも一昨年、昨年と2年連続で入院という人生最大のピンチに遭遇、「平凡」という言葉をあたりめのようにしみじみと噛みしめて過ごす新年であります。
[PR]
by calligraphy_m | 2010-01-03 16:37 | 墨(和)
<< 追い風とは仲良くできるのです つつがなく >>


Top

呼吸するように書く
by calligraphy_m