和布に溺れる。
f0024090_1834917.jpg




f0024090_14412720.jpg
f0024090_14432749.jpg
f0024090_14415432.jpg
事あるごとに古布が必要になり、そのたびに目白のLUNCOさんに顔を出して、大量の端切れにあーでもないこーでもないとひとり悩みつつ、小粋な江戸縮緬に気分は高揚しつつ、お値段にもため息つきつつ、その中でも一番お手頃なものを拾い上げてくるわけです。
ついでに、と思い立って、青山のギャラリー川野にも。こちらの方が値段はお手頃。ワゴンの中の端切れをあさって、ふたたび、あーでもないこーでもないと悩んで、若いお嬢さんに似合いそうなピンクの端切れを拾い上げる。心がパッと華やぎました。はてさて、どんなパッケージになることやら。
帰ってみると、竹久夢二の絵はがきが届いてた。夢二の切手が貼ってあって、友の心遣いに、おおおお、やるなぁと感心しました。
[PR]
by calligraphy_m | 2010-02-12 15:15 | 墨(象) | Comments(4)
Commented by kazuyoo60 at 2010-02-13 09:55 x

サイケ、幾何学模様も良いな~と思いますが、心の底から、ああ良いな~と思うのはこんな柄です。可愛いですね。
Commented by calligraphy_m at 2010-02-13 19:06
>和代さん
これぞ定番!といった趣の柄ですよね。
ショップには粋な柄が沢山あって、仕事ではなく、自分の好みでいったらこんななんだよなぁとぶつぶつ言いながら選んでましたら、相談していたお店のご主人に、早くお仕事の方を選んでしまいましょうとたしなめられてしまいました。(たしなめられる程、時間をかけてゆっくり見ていたもので。)
今日、布にアイロンをあてていたら、樟脳の匂いがして、母の箪笥の匂いと同じだわと懐かしくなりました。
Commented by soukichi at 2010-02-23 00:29 x
やっほう、そうきちでーす!(^-^)
やっと味噌の仕込み終わりました~
さっき記事にもアップしたので見ておくんなさいまし♪
思った以上に疲れましただー

でも半年後が楽しみです(^-^)
君の味噌もうまくゆくことを祈る!
Commented by calligraphy_m at 2010-02-23 15:46
>そうきちさん
ただいま、台所で温かな湯気が上がってます。
この待ち時間に筆文字書いて、味噌部の記事アップ。
さてさて、これからすり潰すぞー。オー。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 味噌部結成! 立春だというのに >>


Top

呼吸するように書く
by calligraphy_m