手前味噌バッハを聴いて眠りをり
f0024090_181951100.jpg




f0024090_16162342.jpg

柔らかく煮えた大豆を細かく。
シンク下に眠りっぱなしになってるフードプロセッサーをよろしくよろしくとなだめすかすして、ガガガガガーっと。このたびの大活躍は賞賛に値します。
f0024090_16163699.jpg

ほんのりと温かい大豆がおいしいから、つまみ食いは何度も何度も。
f0024090_16164927.jpg

麹と塩を混ぜて混ぜて混ぜて。
いくら握力があるわたしでも、かなりの力を要する。汗ばむ。
f0024090_1617185.jpg

山盛り味噌団子。
f0024090_16171391.jpg

4キロの味噌、出来上がり。ずっしり。
良い香りのする酒粕をふた変わり。

酒造所ではモーツァルトを聴かせると味がまろやかになると聞きます。
なので、なんの根拠もありませんが、手前味噌にはグレン・グールドのバッハを聴かせてみる。
来冬まで、どうぞお休みください。
[PR]
by calligraphy_m | 2010-02-24 16:40 | 墨(象) | Comments(8)
Commented by kazuyoo60 at 2010-02-24 18:59 x
綺麗な色に仕上がりました。夏が越えたら美味しく食べられますね。名曲が分かる味噌に仕上がるでしょう。
Commented by mohariza6 at 2010-02-26 00:58
お久しぶりです。
久しぶりのcalligraphy_mのまか不思議な「書画」を見た気がします。

グイグイと力強く、勢いのあるジグザグの筆が「剛」を表わしていますが、
上の方と、右下の一点は、「剛」の時空とは違う世界(次元)にある「静」の佇まいを感じました。
Commented by calligraphy_m at 2010-02-26 18:12
>和代さん
朝から鼻がもぞもぞ、くしゃみも何度となく。
いよいよ黄色の旅人がやってきたようです。
水ぬるむ季節となり、春はすぐそこですね。
夏が超えたら....本当は3年待って食べたいところですが(お金持ちは3年待つらしいですね)、なるべくなら貧乏人とはいえ1年は待ちたいところ。
おそらく夏は味見だけで我慢するでしょう。
Commented by calligraphy_m at 2010-02-26 18:19
>mohariza6さん
mohariza6さんならではの「感想」をありがとうございます。
今、「かんそう」とキィボードを叩いたら「完走」と変換されてしまいました。キィボードも明後日の東京マラソンモードになっており...。ちょっとドキドキ。はははは。
関係ない話しですみません。
Commented by soukichi at 2010-02-26 22:48 x
calligraphyさん、ども!
味噌作りお疲れ様でした。
きっと味噌にもパーソナリティーが出て、あなたのと私のではきっと全然違うものができあがるんでしょうなあ・・・

雨、やっぱり降り出しちゃったね。
でも1日早く降り出したから、明日あさっては晴れるんじゃない?
私たち晴れ女だし。
無理なく、気持ちよく走れることを祈ってます。
ふぁいと!!
Commented by calligraphy_m at 2010-02-26 23:16
>そうきちさん
お疲れ様〜
おそらく、私の方が素朴な出来でしょうから、交換の時に「うーむ」と唸らないように。(笑)
明後日...どうやら午前中は雨らしいです。わーん。(涙)
ちょうど走ってる頃なんですけど、なんとかなりませんかねぇと天気予報の画面を見ながらつぶやいてます。
わたくし、晴れ女とばっかり思っていましたが、どうやら怪しいです。
応援ありがとー。
Commented by masamix_0618 at 2010-03-07 14:23
はじめまして
すごくおいしそうですね
私もお家でつくりたくなりました☆
Commented by calligraphy_m at 2010-03-09 18:40
>masamix_0618さん
はじめまして。いらっしゃいませ。
柔らか大豆はほんのり温かで甘くて、そりゃぁもう、ほおずりしたくなるほどでした。
でも、先日のこと...。わたしが留守にしていた時なので、いまいち状況が把握できないのですが、味噌から液体が流れ出し、床が濡れ、同居人から文句が発せられ...。
もぞもぞと発酵が進んでいるのでしょうか!?
なにか作り方に粗相があったのでしょうか!?
と心の中にすっきりとしないもんが住み着いてます。がるるるる。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 氷上の舞を横目に煮豚煮る 味噌部結成! >>


Top

呼吸するように書く
by calligraphy_m