手拭いをきりりと絞り朝はくる
f0024090_17473966.jpg




f0024090_15134752.jpg

朝起きたら曇天。
お、これなら走りに行けるかもとランニングウェアに着替えて朝ご飯を食べていると、しっかりとした雨が降りだして、がくり。
最近のわたくし、雨女の名を欲しいままにしております。

今までフキンはリネンを使っておりました。「リネン=お洒落」の公式がわたくしの頭の中に巣くっておりまして、自称お洒落マダムを気取っておりました。
が、この頃は、吸水性は手拭いが一番と認識を新たにしまして、引き出しの中で眠っていた手拭いをごそごそごそ。
これは、カリグラフィの先生がお年賀で、毎年制作して配ってらした手拭い。何本かいただいたものの、漂白剤で洗ったら紫や青やグレーの他の手拭いはみんな色落ちしてしまいましたが、オレンジだけは助かってる。「羊」の文字がくっきりとかわいい。
[PR]
by calligraphy_m | 2010-04-22 11:23 | 墨(象)
<< 穢れなき春の哀しみ飴色に 花筏名もなき歌も流れゆき >>


Top

呼吸するように書く
by calligraphy_m