露朝と真白き靴に宿る光(字余りだな)
f0024090_10271176.jpg

筆を思うままに動かして、思うがままに書いた線。



f0024090_749109.jpg

白いスニーカーを買ったのですが
白ければ白いほど、どんな日に履けばいいのか、タイミングを計りかねています。
真っ白いまま履くのもいやだし、かといって、わざと汚すのもためらわれる。
今日はちょっとそこまで履いていこうと思っていたら、雨。
どうしようか迷っている朝。
[PR]
by calligraphy_m | 2010-06-23 08:11 | 墨(象)
<< やわのゆめ朝日とともにうつつと... ドイツ負けイタリア分けて夏至至る >>


Top

呼吸するように書く
by calligraphy_m