天空に舞う夢見るは瓶の中
f0024090_17404955.jpg





久しぶりに酵母を作ってみる。
季節柄、ぶどう酵母。
最初は粒が全部、底に沈んでいるのですが
f0024090_14464511.jpg

三日ほど経つと、細かい泡と一緒に、ひとつぶひとつぶ上がってきます。
底に沈んでいた粒が、そろそろわたくし上に行きますよーとゆるーく宣言して、ゆるーく上がっていきます。
以前欲しかった照明_■の動きに似ているな、とか、残っていたいとためらいながらも希望という名の導きがあるのだわ(大げさか?)とか、下界に未練を残しつつも天界に上っていく魂のようだわ(これも大げさか?)とか、馬鹿馬鹿しくもおかしな想像が浮かんできて。
じっと見ているだけでじんわり、しばらくは台所仕事の友となっていましたが
f0024090_14463316.jpg

七日後、みんなみんな上がってきました。
無事に天界に達したようです。

ではでは儀式を。
固く締まったフタを開けると、シュワシュワシュワっと細かい泡が吹きこぼれました。
f0024090_14461912.jpg


ってことで、ぶどう酵母のパンを作ってみましょう。
パンを作ることすら初めてだし、我が家のオーブンは非力だし、成功するかどうかは大いなる疑問。さて、結果はいかに。

自家製酵母のおいしいパン―すっごくかんたん!安心でおいしいパンをいろいろな酵母で作れます!

相田 百合子 / 成美堂出版


[PR]
by calligraphy_m | 2010-09-23 15:04 | 墨(象)
<< 潔し月日がたちて神無月 夏の日がくるりんくるりん秋の日に >>


Top

呼吸するように書く
by calligraphy_m