晴れればいいそれだけでいいと山茶花言い
f0024090_1547415.jpg

ランニングコースのスタート地点にある、紅白肩並べてる二本の山茶花の木。
いつも見守られてるような気分で、ストレッチストレッチぐいぐいぐい。
身体をほぐし終わって、さぁ、走ろう。
途中にある梅林には、早咲きの梅がちらりほらり。
サンタの帽子をかぶって走るランナーもちらりほらり。
今日は身体も軽やかで(昨日のバレエで身体を痛めつけたのが、かえって良い結果につながってるのかしら?)ベストタイム更新。
おかげで頭のもやもやはすっきり、心のかさぶたも剥がれ落ちました。
晴れればいい、それだけでいいのだ。
[PR]
by calligraphy_m | 2010-12-23 15:00 | 墨(和) | Comments(2)
Commented by fastfoward.koga at 2010-12-25 22:33
運動不足のわたしとしては、頭が下がるばかりです。

うーん、なにかしんとあかんなーと、思って1年が終わります(笑)。
Commented by calligraphy_m at 2010-12-27 14:37
>コガさん
村上さんの「走ることについて語るときに僕の語ること」の中に
走らない言い訳は山のようにあるけれど
走る理由っていうのは本当に少なくて
走るためにはそれを大事に暖めていかなくてはいけない...
っていうような事が(かなりうろ覚えですが)書かれていて
膝をペシペシ叩きながら読みました。
暖かい布団から這い出る時や、扉を開けて冷気の中に飛び出す時は、そんな言葉が頭の中でよぎるのですね。
コガさんも、来年あたり走ってみませんかー?
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 伊達巻きにきんとん黒豆柿なます 闇深き楊子の先に光りあり >>


Top

呼吸するように書く
by calligraphy_m