ため息とコーティング苺の赤い顔
f0024090_22464923.jpg




f0024090_1945123.jpg

苺の赤に魅せられてジャム作り。
砂糖まみれの苺は、お決まりのつまみ食い。
いかんいかんと火にかけて、杓文字でかき混ぜかき混ぜ、ため息を甘い香りで消す作業。上出来の苺ジャムはまたまたつまみ食いされて、どんどん減ってゆきました。保存瓶には半分しか溜まらず。

普段通りに暮らしていたつもりでも身体は正直なようで、噂に聞いていたタイジョーホーシンとやら、鈍い痛みに悩まされ。今日は今日で胃カメラ初体験!単なる胃炎ですと言われてホッとするものの、串刺し状態(体験済みの同居人の容赦ない表現...)にてゴボボボボッと撃沈。

長かったような
短かったような
緊張の三月が終わります。
四月はそろりそろりと深呼吸から始めてみます。
[PR]
by calligraphy_m | 2011-03-31 19:05 | 墨(和)
<< 角張ってる清明の空潔し 月を観て逆立ちしたら明日くる >>


Top

呼吸するように書く
by calligraphy_m