街深きたゆたふように底にをり深海魚ごとく道迷う我
f0024090_16423360.jpg




f0024090_223272.jpg

初めて降り立った駅、交番で道を聞き、バスを待つ間のあてどない時間。
さっき聞いた話を自分なりにどう解釈すればいいのか、かみ砕いてる時間。
鬱々とした気持ちとさっぱりした気持ちが入り交じって
梅雨の晴れ間を街の底から見上げれば、明るい気持ちが徐々に射し込んでくる
自由時間。

時間が余ってしまったので、たまたまふらっと入った映画は、厳しい現実を照らし出すもので、おばあさんの思慮深い目と少年の哀しみに満ちた大きな瞳が、印象に残りました。
世界にはなんと沢山の哀しみが石ころのようにころがっていることか...と石ころを蹴りながらの帰り道、クチナシの花が甘い香りを放っていたことに救われました。

今でも、少年の瞳がふっと横切ります。
[PR]
by calligraphy_m | 2011-06-21 23:20 | 墨(象) | Comments(2)
Commented by soukichi at 2011-06-23 21:36 x
ん? なんの映画を見たんだろう・・・・・

初めて降りる駅って、ちょっと不安だよね。
右も左もわからなくて。
私は最近では横須賀がそうでした。
いま2回行って、これからも何度も行かなきゃならなくなりそうだけど、なんだか行くたびに(気分が)落ちる街です。
Commented by calligraphy_m at 2011-06-24 18:40
>そうきちさん
「バビロンの陽光」です。
「ダンシング・チャップリン」を観ようと思ったのですが、その後の打ち合わせの時間とバッティングしてたので、急遽、予備知識もなく「バビロンの陽光」を観たのでした。
日本ではなかなか伝わらない、現在のイラクの過酷な現状です。涙と共に、なんにもできない歯がゆさが残りました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 夏賛歌マリアさん着たうらららら できたてのふんわり羽は浮遊する... >>


Top

呼吸するように書く
by calligraphy_m