曇り空もの憂く目覚めた朝なれば 白き卵の素肌いたまし
f0024090_233445.jpg





f0024090_16462616.jpg

八月になったので
手ぬぐいおろした。
ランチョンマットとして。
[PR]
by calligraphy_m | 2011-08-03 16:48 | 墨(象)
<< 走りましょう夏の記憶を刻みつつ... 遠雷を聴いて西瓜の種飛ばす >>


Top

呼吸するように書く
by calligraphy_m