走りましょう夏の記憶を刻みつつ 今が限りと蟬声は満つ
f0024090_1664229.jpg

父と墓参り。
祖父母の顔を思い出すのと同時に、自分の内面との対話。
清々しい気持ちで手を合わす。
蟬の声は一段と激しく。
帰る道の足取りはゆっくりと、ご先祖様を仏壇へと招き入れました。

公園のランニングコースには、思う存分鳴いた後の、蟬の亡骸があちらこちら。
それらを踏まないよう、走る足はリズムを崩す頃となりました。
[PR]
by calligraphy_m | 2011-08-15 16:24 | 墨(和) | Comments(2)
Commented by soukichi at 2011-08-15 22:47 x
晩夏ですねえ・・・
Commented by calligraphy_m at 2011-08-16 19:05
早いですねえ・・・
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 晩夏光透けるとろける青柿落ちる 曇り空もの憂く目覚めた朝なれば... >>


Top

呼吸するように書く
by calligraphy_m
【プロップデザイン】
お仕事のご依頼、お問い合わせはこちらまで
mail>>


ブログランキング・にほんブログ村へ

【LINK】
カテゴリ
墨(和)
墨(英)
墨(象)
篆刻
仕事&宣伝の巻
イラスト
カレンダー
はじめまして
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
more...
検索
タグ
(42)
(18)
(17)
(15)
(13)
(11)
(11)
(8)
(7)
(6)
(6)
(4)
(3)
(3)
(3)
(2)
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル