20時からの笑いと涙。
f0024090_23545432.jpg

頼まれてたデザインを仕上げて、クロネコさんで送ったあと
ほーっとひと息ついて、紅茶をすすっているときに
ふと、もくもくと浮かんできた、なんだかとってもいい(ような気がする)アイデア。
あ”ー、なんでもっと早く気づかなかったんだよー
もう送っちゃったんだよー
と、ひっそりと地団駄を踏む。
どうしよう。明日ちょっとやってみる...かぁー?

アンコール。5作品。
からからっと笑う。鼻の奥がツーンとする。やがて涙もツツーっと。
これから一週間、20時からのわたしの状態です。

【blogランキング】
[PR]
by calligraphy_m | 2006-04-11 00:30 | 墨(象) | Comments(2)
Commented by nyankoya at 2006-04-11 23:18
そういうこと、ありますよねえ。
あーなんで今出てくるんだよー、みたいな。
このタイミングの悪さは果たしてマーフィーの法則なのか。

寅さんは、テレビでやる度に母と見ていました。
かっこよくて、かっこ悪くて、愛に溢れていますよね。

今日の書は、光を浴びているように見えます。
Commented by calligraphy_m at 2006-04-12 00:42
>にゃんこやさん、素敵なイメージをありがとうございます。
タイミングの悪さは、確かに法則として成り立ちますねー。
でも、今日一応やってみましたら、あんまり良くなかった...
「提出後に思いついたアイデアってのは、思ったほど良くない」
っていう法則も成り立つような気がします。(くくく、すすり泣き...)

小中高と、柴又を通って電車通学してたので
寅さんと同時代、あの空気の中で過ごしてたという感覚があるのです。
(年齢がばれますねー。おほ。)
柴又駅のホームや帝釈天が映ると
もうそれだけで、鼻の奥がツーンとしてくるのです。
いやはや、涙もろくなりました...
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 清々しい。 なごりおしく。 >>


Top

呼吸するように書く
by calligraphy_m