物憂げなかたまりひとつ空に吐くあやふやなまま対話途切れて
f0024090_18591948.jpg
f0024090_1859983.jpg

四十雀がしきりに鳴いてるのですが
桜は咲きません
鳥と花の会話は成り立たず

せめて
おかきで桜を語ってもらおうかと






f0024090_18324928.jpg


f0024090_18325978.jpg


f0024090_18331137.jpg


失礼して宣伝です
季節限定の「桜おかき煎」
ピンクのおかきは桜花
(なるほどなるほどの花の味)
緑のおかきは桜葉
(ん?ん?桜餅のような味だよ)

ほんのり塩味
ほんのり甘い
[PR]
by calligraphy_m | 2012-03-24 18:33 | 仕事&宣伝の巻 | Comments(6)
Commented by アン at 2012-03-25 08:25 x
春ですねぇ~。
パッケージの色、おかきの色。
今年はお花見できるかな。
Commented by saheizi-inokori at 2012-03-25 09:32
白けたときに飛ぶ鳥はなんでしたっけ?
Commented by kazuyoo60 at 2012-03-25 10:14 x
おかき餅ですか。奈良では、かきもち、または、おかきと呼んでいました。作りたいけれど、と思いながらです。子供のころはいろんなのを父母が作ってくれました。もちろん買ったのよりもずっとおいしかったです。
Commented by calligraphy_m at 2012-03-26 15:47
>アンさん
まだまだ春浅く、うらららかな気分にはほど遠いのですが
少しでも春を感じたくて、宣伝がてらアップしてみました。
「一日の二十四時間花を待つ/黒田杏子」と毎日新聞の俳句欄にも載っていましたが、この季節、まさにそんな気分。
今年のお花見は、頭を覆うグレーな雲はちょっとどかして、素直に花を愛でられたらいいのですけれど。
カーネーションもラストスパートだわーん。
Commented by calligraphy_m at 2012-03-26 15:51
>さへいじさん
ふはははは。懐かしい。
昭和の人にだけわかるメロディーが脳内で繰り返してます。
Commented by calligraphy_m at 2012-03-26 15:56
>和代さん
手作りおかき...いいですねぇ。
揚げたてをつまみ食いする図を思い浮かべて、じゅるじゅる〜ん
冷凍庫に正月のお餅が眠っているから、作ってみようかしら。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 脳内に柚子の香とどめて鍵かける ふるふると花粉は飛んで鼻むずり... >>


Top

呼吸するように書く
by calligraphy_m