秋風やまだ絶不調いつ本調子?
f0024090_104050100.jpg




探検家、36歳の憂鬱

角幡 唯介 / 文藝春秋


36歳の探検家がなぜ探検をするのか...病気であると書いてあります。
「山ガールやシトラスミントの男」達が富士山に登るということ、なんの悩みもなさそうな人達が皇居を黙々と走ることは、ある種の病気であると。
「ここで言う病気とは、身体性が喪失してしまった現象を指している。現代の日常生活では、身体を使って世の中を知覚する機会が激減したため、私たちはそのことに苦しんでいる。大勢が富士山に登りたがるのは、無意識のどこかで身体性の回復を欲しているからなのではないだろうか。」

ふむふむふむ。

わたしが3年ほど前に、ちょっとやっかいな病気(今思えば蚊に刺されたくらいのものだったのだけれど、手術入院という経験は私にはかなり堪えた)にかかった時、重く沈み込んだ気持ちを少しだけ軽くしてくれたのは、「走る」ということだった。
走れば、どろどろに淀んだ考えも頭からスポッと抜けるような気がしたし、死というものがほんの少し身近になった分、若くして死んだ友人のことを思い出しながら走って、青空に向かって「よっ!元気?わたしもいつかそっちに行くんだねえ」なんて挨拶もしてた。ちょっと変な人になってた。

今ではそのときの病気のことはすっかり忘れてしまっているけれど、走った後のすっきり感は変わらずやってくるので、はぁはぁぜぃぜぃへろへろになっても、仕事が忙しくなっても、なんとか走ってる。
「生の感覚」を思い出すために走ってる。
ほへへへへ、なんかかっこつけた言い方だけど
走った後の冷えた水がなんとも旨いってことです。

世田谷ハーフマラソン、東京マラソンは今年も落選。
もうこうなったら!
えいやっ!と青梅マラソンのエントリーにおもわずポチッとしてしまい、後になって大いなる後悔をしているわけです。
だってだって、30キロとはいえアップダウンがかなりきついし、制限時間は4時間と厳しいし、ここ2年くらいは全くタイムが伸びてないし、秋風が吹いてもまだまだ絶不調だし...

ちょっと気合いを入れていこうと気持ちだけは前向きで。(ただ足は重い)
そんな秋。
[PR]
by calligraphy_m | 2012-10-05 10:53 | イラスト | Comments(4)
Commented by kazuyoo60 at 2012-10-05 11:44 x
30kmマラソンに、それはそれは。
信号道路を渡ろうとして小走りだって、この頃は~なのです。
鍛えれば、何歳からでもとは見聞きしていても実際はですから。
完走なされば、もちろんなさるでしょうけれど。仮にダメでも素晴らしい経験になると思います。
Commented by calligraphy_m at 2012-10-09 11:26
>和代さん
年齢を重ねても、鍛えれば筋肉がつくっっていうのは本当だと思いますよー
バレエで教わったストレッチと筋トレ続けていますけど、筋肉、つきました。
(悲しいことに、足が太くなってしまい...本当は太くなってはいけないのに
間違った筋肉の使い方をしてるせいだと思います。涙。)

ダメもとで、30キロ、がんばってみます。
Commented by fastfoward.koga at 2012-10-09 22:42
カッコイー!
Commented by calligraphy_m at 2012-10-11 18:40
>コガさん
にゃははは。
ヘロヘロで走ってるわたしの姿を見れば
カッコイーなんて言葉を飲み込むはずです。笑。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 雑用でスケジュール帳埋まりたり... ためいきでいちじくころんよながかな >>


Top

呼吸するように書く
by calligraphy_m