花びらは何処へゆくのか傷ついても新しい春を流れてゆく
f0024090_19154330.jpg




f0024090_1993484.jpg

なかなか更新できずにいます。
ちょっと前に拾って撮りっぱなしだった白木蓮の花
白い小舟でどこどこ流れてゆくような。


フルマラソンを走りました。
30キロの青梅マラソンはたいした感慨もなく終わりましたが
やっぱりフルは違いました。
走り終わった後は、ふーようやく終わったわい、もう当分走るのは勘弁です、それよりなにより足が相当厳しいです、早く帰りましょうと、重い足をひきずって帰ったのですが、夜ビールで乾杯をした頃にはじわじわと、それはそれはじわじわと、走りきったんだなぁという感慨があふれてきまして。
こういう挑戦というのは、不思議なものです。
次の日には、もう走りたいなんて思うのです。
もう少しタイムを縮めたいなんて欲も生まれてくるのです・
また挑戦するんだろうな。

ほんとに不思議。



[PR]
by calligraphy_m | 2013-03-19 19:17 | 墨(象) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 水の輪をリフレインして鳥ゆらり... 春眠くスマホの文字は小さくて >>


Top

呼吸するように書く
by calligraphy_m