2日間の実家で
f0024090_23523783.jpg

実家でのわたしの生活は
実家ネコにちょっかいを出していやがられるか
本を枕にして眠りほうけるか
たまに母親の愚痴を聞くかの3パターンの繰り返し。

持って行った文庫本2冊は
その2冊ともがダメ男とダメ女の話のオンパレードで
(なんのかんのと言い訳して仕事しないとか、金を借りたまま返さないとか
でも人間関係が面白く描けていたので、結構爽快な気分で読めましたけどね)
わわわ、こんなの読んじゃうとダメダメ菌が移りそうだーと思っていましたら...

両親から鰻重(やたらとボリュームがある!)をご馳走になった次の日
胃がもたれて朝ご飯が食べられないんだと申しましたら
(彼らは、全く胃が丈夫で食欲もりもり状態!)
みのさんのおもいっきりテレビ信望者の母親から
朝ご飯を食べないなんて「もってのほか!」と非難され
毎日ちゃんと○○さん(同居人のこと)にご飯作ってあげてるのかー
と疑いの目を向けられ(痛いとこつくなー)
【朝ご飯を食べない】イコール【ダメ女】の烙印を押される。

確かに、わたしの実家での生活っぷりは
まったくダメ女と言われても反論できませんわねー。
でも小説の中のダメ女よりは、まだましだろうと開き直りましたよ。ホホホ。

母よ、もうあきらめてくださいね。

【blogランキング】
[PR]
by calligraphy_m | 2006-04-25 00:58 | 墨(和) | Comments(8)
Commented by nyankoya at 2006-04-26 10:53
私も負けず劣らずだめだめですよ。

・2度寝最高(そして遅刻)
・前後不覚になるまで酒を飲む(そして楽しく旦那にからむ)
・会社に行ってもタイムカードを押すのを忘れる(ようするにやる気がない)
・会社でブログを更新する(はたから見ると忙しそうに見える)
・実は働きたくない(仮面OL)

など。

本日の書はなんてリアリティでしょう。
「です」が特にすばらしいです。
Commented by yu_tekuteku at 2006-04-26 13:16
ぷっ、「ダメ女です。」の書。いい書きっぷりだわ~。
私は「女」が好きです。ちょっと右に傾いてる感じがいい!
Commented by calligraphy_m at 2006-04-26 23:41
>にゃんこやさん
ふふ。ダメっぷりを競い合いましょう。
「楽しく旦那にからむ」...いいですねぇ。ほのぼの。にこにこ。
わたしが会社に勤めてたころは、よく居眠りしてたなぁ。
あー、あれは社長とわたしの二人だけの零細会社に勤めてた頃...
もうやりたい放題...
辞めるときに、あまりにも遅刻し放題のわたしに
社長は目覚まし時計を贈ってくれました。
今考えると、もう赤面です。ごめんなさい。山本社長、お元気ですか〜?
Commented by calligraphy_m at 2006-04-26 23:50
>ロココさん
わたし自信も歪んでいるので、「女」も歪んでしまうのでしょう。
ついつい右に体重をかけてしまうので。
座ってるときも、ついつい足組んじゃうし。
ロココさんも書いてらっしゃるけれど、弱いんですねぇ。
意識して、真っ直ぐ立つようにしますわ〜ん。
Commented by 平蔵 at 2006-04-27 02:04 x
「おお、身の上に何事かござったか?」と一瞬思わせた題字ですが、、、

「ダメ」の「メ」が×に見えるところが憎いですなぁ。
座布団いちまい差し上げたい。

又、母上の苦言に対し全く反省の色のござらぬところが実によろしい!
◎を差し上げますぞ。

追記:
山本社長というお方は、なかなか人間が出来た方とお見受け致しました。
座布団の2、3枚差し上げたいものです。
Commented by calligraphy_m at 2006-04-27 23:07
>平蔵さん
座布団と二重丸、うれしゅうございます。
山本社長にまで、座布団とは! ありがとうございます。
若気の至りで、山本社長には迷惑をかけとおしでした。
平蔵さんからとはいえ、座布団を差し上げられたことに少しホッとしております。
Commented by ピノコ at 2006-04-29 14:43 x
う~む。
私は、メが×(ペケ)なのにやられましたよ。

いいんです。
子は親の前ではいつまでも ペケ のままで!

というか
私は ペケ で開き直ってます!

でも
子の前でも ペケ親かも・・・

ペケペケペケ・・・
ペケが代々つきまといそうです(笑
Commented by calligraphy_m at 2006-04-29 22:47
>ピノコさん、ふふふ。
お互い開き直りましょう!
ペケペケペケっと開き直れば、楽になりますからね。
ペケペケで親も子も堂々として
それが代々堂々とつながっていくのも、また可笑しです。
かかかっと笑って開き直りましょう。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< アイデア出し ハナミズキが咲いて >>


Top

呼吸するように書く
by calligraphy_m