おまけつき
f0024090_2323033.jpg




f0024090_22155670.jpgデパ地下を巡っていたならば
ばちりんと目が合ってしまった鯛焼き。
うちに持って帰って新茶と共に腹を満たす。
ええ、夏に向けて減量だなんて、二の次でさぁ。
おまいさん。



この鯛焼きなんですが、おまけ(ふちのカリカリ)が大胆についていて。
昔、神楽坂に勤めてた頃のこと
月に何度かの縁日で、屋台のベビーカステラを焼いてた
おばさんのことを思い出した。
おでこに膏薬を貼っていて、苦虫かみつぶしてた無愛想なおばさん。
でも、このベビーカステラのふちのところをカリカリに焼いて
いっぱいおまけつけてくれて、旨かったんだよー。
結局会話を交わすこともなく、わたしは神楽坂から去ってしまったけれど
お元気ですか〜? ...と、ここで呼びかけてみるのです。

【blogランキング】
[PR]
by calligraphy_m | 2006-05-07 22:30 | 墨(和) | Comments(2)
Commented by tirudai at 2006-05-08 06:27
こんなオマケ・・・はじめて見ました。
鯛焼きの型も風流な感じがただよっていますねぇ。
江戸のデパ地下、地方者からしたらパラダイスなところでした。
毎回必ず行っています。

『鯛』の文字がおいしそうです。
Commented by calligraphy_m at 2006-05-08 22:38
>tirudaiさん
おまけがね、立体絵馬風に見えるんですよ。ホントに風流!
パンフレットを見ると、東京オリンピックの聖火台を作った人が
この型を作ったって説明してありました。(へぇボタンを5回押しました!)
デパ地下っつうところは、江戸在住のもんだって目移りしてしまいますよ〜
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< タメイキつく日。 朝の一杯 >>


Top

呼吸するように書く
by calligraphy_m