この道の先の先には凍る月
f0024090_1852511.jpg





f0024090_1839149.jpg

母のご機嫌伺いへの道は、一本道をてくてく歩きます。
まわりは長閑な田んぼにあぜ道、大根畑、通学路になっているらしくピンクのランドセル集団と遭遇したり、たまに黒猫と会ったり。なんせ空が広い。晴れていれば夕焼けが綺麗です。
とかく暗い気持ちになるけれど(なんせ母は自分が何ものであるか忘れてしまってるから。そのうち人間ってことも忘れてしまうかもしれない。)その道を通っていると、すっきりとした空気に触れてちょっと心穏やかになります。
ましてや月が出てると、心がしゃんとなります。
さあ、今日も帰って、美味しい晩ご飯でも作って食べるかなぁって思います。(ほんとうは、誰か美味しいもの作って待っててくれないかなぁと思うのだけれど。)
[PR]
by calligraphy_m | 2015-01-31 18:59 | 墨(象)
<< 皮と爪のまちがい みずにながす >>


Top

呼吸するように書く
by calligraphy_m