リュックにはバケット半分顔を出し
f0024090_1931128.jpg




世田谷美術館、フリオ・ゴンサレス展へ
一番のお目当て作品は、砧公園の緑の窓枠を背景にして、ロケーション良し。
その素晴らしい空間で、しばらく鉄の塊と対話して、こころがぽろんと静かに萌えてきました。
その横の壁面に書かれている文章がまた良し。

-------------------------------------------------------------------------------------------
夜の不安の中、星たちは空に希望の点をともしてくれる。
カテドラルの不動の尖塔もまた、希望の点を無数に指し示している。
そうした数限りない点こそが、「空間に描く」という新しい芸術の先駆者なのである。
-------------------------------------------------------------------------------------------
ですって。
時に訪れる不安定な心に、なにかしら光の道筋を灯してくれることになりましょう。

鉄と墨という素材に違いはあれど
今年も墨と多いに戯れたいなと思う作品達でした。
f0024090_18464598.jpg

その後、ランチしようと地下のカフェに向かいましたら、アクセサリーのワークショップをやっていて参加することに。柔らかい金属の棒を曲げてトンテンカンテン叩いてネックレスにするという作業。なかなか思うような形にならないのも味ってことで...  一応、自分なりの雫の形に。
f0024090_18505564.jpg

実は3月の板橋シティマラソンまでに、サブフォーの足を作るべくジョギングがてら行ったので、その後は世田谷通りをポタポタと走って、お目当てのパン屋さんへ。看板もなく無機質でお洒落な佇まい。ハード系のパンが見目麗しく並んでて、みんな美味しそうです。(聞けば、女性職人さんおひとりで製造販売してるとのこと)迷った末に選んだバケットはリュックから半分飛び出すも、気にせずにまた走って帰る...
とはいかなくて、道に迷う。
ここを曲がればいいんだと思ったら、全く反対方向へ行っていたらしく、2キロも多く走ってしまうことに。けれども途中、お洒落自転車屋さんを物色したり、公園隣にスタバができてて驚いたり、迷ったことで発見もありまして。

まぁ、そんなアクシデントもありながら、こんなに長々と書いたのは、楽しいポタポタジョギングだったってことです。
[PR]
by calligraphy_m | 2016-01-15 19:08 | 墨(象) | Comments(4)
Commented by soukichi at 2016-03-01 23:05 x
やあ、久しぶりに覗いてみたら、元気そうでよかった。
今年は会えるといいなと思いつつ・・・・

マラソンがんばってください。
Commented by calligraphy_m at 2016-03-03 11:33
>そうきちさん、ご無沙汰以上のご無沙汰です。
いや、たまにそうきちさんのブログにはたまにお邪魔しておりましたが、読み逃げばかりしております。ハイ、すみません。
ただいまマラソンに向けて絶賛調整中...と言いたいところですが、先週末から不覚にもインフルにかかってしまって、お布団王国を彷徨っておりました。昨日からようやく歩いて回復に努めています。けれども、体力がなくなったことは確かで...果たして2週間後に42キロ走れるのか???かなーり難儀なことになってます。
そうきちさんもインフルには気をつけてくださいね。
Commented by soukichi at 2016-03-06 11:52 x
ありゃまあ、インフルですか(^-^;
そりゃ大変だあ・・・・
わたしも数年前に生まれてこの方初めてかかったけど、キツかった!!
そりゃ、その年でかかればキツイに決まってるよと友達には言われ。
残り1週間でなんとかゆっくり元の体調に戻し、残り1週間で徐々にペースを上げてゆく・・・・なんてことができるかな。
わたしじゃできないけど、calligraphyさんならきっとできる!
だって生粋の体育会系だもん。
無理せず、でもがんばってくれー!(花吹雪)
Commented by calligraphy_m at 2016-03-07 15:44
>そうきちさん、一昨日ハーフマラソンを走ってみたならば、なんとかかんとか。
でもPB更新は無理かなぁ...
花吹雪を脳内にイメージして、がんばってみまーす!
ありがとう〜
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< コーンポタージュはガリガリ君に... あけましておめでとうございます。 >>


Top

呼吸するように書く
by calligraphy_m