夜に溶けてゆく想い
f0024090_2343281.jpg

一日の終わりに書き損じた文字の山を眺める。
すぐにゴミ箱に捨てられて
誰の目にも触れることのない文字達の怨念(そんなのがあるのか?)を鎮めようと
針供養ならぬ文字供養をしようと手を合わせた。
明日にはもっと納得いく文字が書けますように。

「積み上げてきた実績やテクニックなんて関係ない。妥協するとすぐマンネリになってしまう。懸命に生きなければ大きな幸福感もない。」byユーミン
おろしたての打ち合わせノートの1ページ目に書き写した。

【blogランキング】
[PR]
by calligraphy_m | 2006-07-11 00:05 | 墨(和) | Comments(4)
Commented by nyankoya at 2006-07-12 11:09
書き損じたちの命をつないで、納得のいく一文字を。

うーんさすがユーミン。言うことがかっこいい…。
Commented by rin at 2006-07-12 22:15 x
こんばんは。
久しくなのかな...

懸命に生きなければ...

うたれちゃいました。

そして 
明日にはもっと納得のいく文字を...

一日を一文字を 懸命に~~
なんだか 伝わるもどかしさ。

今日の「生き物達の夏」
とても素敵な 伝わる作品。

窓をあけたら キレイな虫の音がね
今日は響いているんです~。

Commented by calligraphy_m at 2006-07-12 22:40
>にゃんこやさん
ユーミンって人のわたしの勝手なイメージからすると
ほど遠い「努力・懸命」って言葉なので、ほぉーって思いました。

これには続きがありまして
....私の歌が広がれば広がるほど、聴き手も私も「悲しいのは一人じゃない」と思うようになる。さらに「またしっかりと生きていこう」って背中を押す存在になれるのであれば、こんなうれしいことはない。......
やっぱり才能のある人ってのは、人知れず努力もしてるんだなぁと思うわけです。

はー、がんばりましょ。って勇気をもらえる言葉なんです。
Commented by calligraphy_m at 2006-07-12 22:45
>rinさん こんばんはー
ほんとにもどかしい。
ああすれば、こうすればといろんなことを頭では考えるのだけれど
その考えが中途半端だったり、いい加減だったり
なかなか行動できなかったり。
「懸命に」とは思うものの、なかなかですねー。

虫の音...。いいなぁ...。
こっちにも飛んでこないかしら。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 生き物達の夏 夜と夜の間 >>


Top

呼吸するように書く
by calligraphy_m