こっちの空と向こうの空
f0024090_2354279.jpg




f0024090_2361426.jpg駅までの道
高速道路とビルに切り取られた喧噪の中に
細い空があった。






f0024090_2362712.jpg1時間と40分、電車とバスを乗り継いだ先は
ぐるりと青い空が見渡せる場所。
川沿いの道を歩いて、金木犀の匂いが鼻をかすめたときに
この空を見て育ったんだよなとふっと思う。
懐かしい気持ちで、葉を密に茂らせた銀杏の大木を目指して歩いた。

実家の老ネコは相変わらず寝てばかり。

【blogランキング】
[PR]
by calligraphy_m | 2006-09-25 23:20 | 墨(和) | Comments(14)
Commented by rin at 2006-09-26 06:49 x
お久しぶりです。
ふと 寄らせていただくと いつもスッキリ元気になれちゃうのは..
どうしてだろう♪

素敵な字にいつも ホレボレで...
「空」。
私もこんな風に書けたらよいのに(笑)
Commented by toraian at 2006-09-26 20:43 x
この「空」の字はとてもいいですね。
線が利いていて、懐が大きいと思います。
すかっとした大きな空です。
Commented by SARASA-REISIA at 2006-09-26 21:02
切り取られた空と、広々とした空
空にも色々ありますね。
ご実家の近くは、空気がとても澄んでいそう。。。
素敵なところで過ごされたんですね^^
Commented at 2006-09-26 21:44
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by katcat2121 at 2006-09-26 23:24
こんばんは~ K◎です
秋の空って ホント キレイでしょねぇ!
雲さん どこぞにおいきなさるん?と、ついてゆきたくなります

「空」… 顔に見えます
やさしくも ちょっと冷たい秋風が頬を撫でているようだと、思いました
Commented by calligraphy_m at 2006-09-27 00:31
>rinさんこと空下花屋さん、ご無沙汰してましたー。
わたしもrinさんのところへいくと、ほんわかしますよ。
rinさんが書く「空」は、見る人を包み込むような温かな「空」だと思うな。
「おつかれさま」とか「秋ですね...」のカードに書いてある文字から
温かいお人柄ぷんぷんと香ってきますもの。
Commented by calligraphy_m at 2006-09-27 00:37
>冬雷さん、いつもありがとうございます。
「空」は割と気に入っているのですが
下の3文字があっちこっち向いてしまって、全体のまとまりがない...
(ねじ曲がった性格がこんな所に出てしまうのか。)
何度書いてもこんな感じだったので
今のわたしの心がそのまま投影されてるのねってことで
あきらめのまま、ポチッと載せることとなりました。無念。
Commented by calligraphy_m at 2006-09-27 00:40
>更紗さん
住んでいた頃は退屈を持てあます所でしたけど
今は、空と川と清々しい空気と老ネコのいる所です。
身体の中の空気を入れ換える所とも。
更紗さんのところの空はどんなだろ?
心はすーっとジャカルタへ飛んでいって想像してみます。
Commented by calligraphy_m at 2006-09-27 00:41
>鍵コメさん
あらら、わざわざご報告、どうもー。
気になさらずにー。
Commented by calligraphy_m at 2006-09-27 00:45
>K◎さん こんばんは。
秋は空を見上げることが多くなりますねぇ。
雲の表情に心癒されますねぇ。

書いてるうちに、「空」が犬の顔に見えてきて。
プードル?耳が垂れてるやつ。
ウ冠が耳で、「八」が目で、鼻と口元が「工」の部分。
ちょっとお澄まし顔になってしまったかしら?
Commented by ロココ at 2006-09-27 14:17 x
はう~、なんとも青空ですね。
今日は荒れ模様なので、青空が嬉しいですよ。
Commented by calligraphy_m at 2006-09-28 00:05
>ロココさん、こんばんはー。
今日は雷もドコドコ鳴って、雨もたーんと降って
どうにもこうにも湿気がどよよんと淀んでましたねー
こんな日に何故か...
洗濯物が山となるのを見過ごしつつ
今頃になってマイブームな「ルービックキューブと格闘する」の日。
いやー立体感覚のないわたしってば、全く才能がないのはわかっていたのですが...
やっぱり一面揃えるのがやっと...はう〜。
Commented by coeurdefleur at 2006-09-28 06:54
字に色んな表情があって いつもおもしろいなと見ています。
妄想が膨らんで一人にやにやな夜も^^;

青がくっきり鮮やかで、巡る季節を感じます>写真
Commented by calligraphy_m at 2006-09-29 00:13
>柊さん
妄想...どんなだろ?ニヤニヤ。
はは、夜中にモニターみつめて、にやにやはちょっと危ないかも?笑。
字の表情ってのは書く人それぞれ違うから(これっていう正解もないしね)
それが楽しくて続けられるのかな。

巡る季節...気が早いけど、あっという間に冬が来てしまいますよー。
って思ったけど、今日は夏の名残か、弱々しくセミが鳴いてました。
なんだかあやふやな季節の巡り方です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 青 ちくちく。 >>


Top

呼吸するように書く
by calligraphy_m