淡々と
f0024090_0553035.jpg

ある人に頼まれて実用書道的なことを。
美しく、細かく、一糸乱れず、淡々と。
墨色は一定に、かすれは不可、読めないのも不可、間違いは勿論不可。
ああ、わたしにとって一番苦手とするたぐいのもの。
気が小さい(?)わたしは断るにも断れず、なんとか書いてみたものの
淡々と書くには、まだまだ修行が足りません。
肩こりました。

ぬくいお風呂に入りましょう。
[PR]
by calligraphy_m | 2006-10-26 00:56 | 墨(和) | Comments(14)
Commented by K◎ at 2006-10-26 10:49 x
むむむっ … あらたまったときの文字って どうしても
無表情で きちんと並んだ お行儀の良い文字が好まれるようですが
それでは 言葉ひとつひとつの意味が 死んでしまうような気がします
たしかに うつくしいとは思うけど なんだかねぇ …
と、それは きちんと、書けない自分の僻み?(苦笑)
Commented by yu_tekuteku at 2006-10-26 15:29
ああ、しかし閉店のおしらせですか。

バブのお風呂入って寝ましょう!(笑
Commented by fastfoward.koga at 2006-10-26 19:51
淡々と。わたしは、結構すきなのです。
でもcalligraphy_mさんは、やっぱりのびのび書かれるほうがいいです。
Commented by calligraphy_m at 2006-10-26 23:17
>K◎さん
わたしもね、やっぱり書く内容と字のイメージはリンクさせたいと思うので
ちと不自然な気がしちゃうのですね。
だからお行儀の良い字が、なかなか上手くならないのでしょう。
(便せん2冊使って書いても満足するものはできませんでした。むーん。)
いや、でもお仕事として受けたからには、やはりこういう字も書かねばいかんのだから、今後精進いたしましょう。

本当、一糸乱れぬ字を書く人には憧れと僻みの入り交じった視線を送ってしまうのですよぅ。
年賀状の宛名にね、わたしの名前をわたしよりも美しく几帳面に書く人がいて
ああ、かなわんなぁと思うのです。
Commented by calligraphy_m at 2006-10-26 23:20
>ロココォさん
そうなの。内容が内容だけにね、盛り上がらない気分で書きました。ああ。
肩がゴリゴリ。バブ派?ちなみにうちはバスクリン派です。(笑)
Commented by calligraphy_m at 2006-10-26 23:23
>コガさん
そうですか。「淡々」が好きなのはコガさんの真面目さなのでしょう。
わたしはなんでもアバウトで、「まぁこんなもんで」とか「雰囲気」とかに流されてきたので、近頃反省することが多いのです。
でも、まぁこんなアバウトだから、なんとか今までやってこれたのだと開き直っていることも確かなのです。
いかんです。
Commented by toraian at 2006-10-28 09:22 x
これってもしかして、退会届かなにか?
このような書はとても気をつかいますね。
私なんか老眼が始まっているからなおさらつらい。
でも、いつも心がけていることは、「心を込める」こと。
その人の代筆なのだから・・・と思ってます。
Commented by naopazzo at 2006-10-28 23:00
 かしこまる,というのはつかれちゃいますよね。おそらく,かしこまったお気持ちになって,これを書かなければならないということなんでしょうが,そのかしこまった気持ちになるまでのかしこまり準備状態がまたある程度の時間必要で,終わるまでどうにも肩が凝りますよね。
 くつろぐときは,一気にくつろげたりしますけど。おつかれさまでした。
Commented by calligraphy_m at 2006-10-29 00:30
>冬雷さん
ええ、そんなたぐいのものです。
わたしもね、最近目がしょぼしょぼで...つらいです。
なるほど。「心を込める」。いい言葉ですね。
うんうん、そうだそうだ。
今になって思うと、心を込めてなかったような気がします。
苦手意識ばかりが先に立って。反省です。
今度同じようなものを頼まれたら、「心を込めて」書きましょう。
Commented by calligraphy_m at 2006-10-29 00:34
>naopazzoさん
ふふ。「かしこまる」って言葉が面白いですね。
カチカチになって困っているひらがなの並び?!
本当にかしこまって書き続けました。なんと便せん2冊分!
心がかしこまると、筆の動きもかしこまって
思うように動かなかったのが敗因か...
ええ、お風呂に入って温まったら、かしこまり状態から解放されて
ふにゃらかふみゃらかとふやけて、ぐっすりと眠りました。
天下太平な夢を見ました。笑。
Commented by derochan3 at 2006-10-29 14:01
こんにちは。便せん2冊分ですか!!
お仕事とはいえご苦労様でした。
私もかなり適当人間です(笑)!!
ブログもいろんな事してますし...とほほ。
ちゃんとテーマにそって展開されている方がすごいと思います!!
今日柿の記事を投稿してみましたので
お時間ある時にでも覗いて下さいませ。
今年は数が少ないです。ちょっと寂しいです。
Commented by jamartetrusco at 2006-10-29 19:17
パンプキンがあまりにも愉快。もうすぐハローウィーンですね。
calligraphyさんも“Trick or treat?"で街を徘徊するのかな、、。
Commented by calligraphy_m at 2006-10-29 23:21
>でろさん、こんばんは。
いえいえ、でろさんは適当人間ではないですよ!
あんなに沢山の柿を美味しくしようと、格闘したのですから!
わたしなんかすぐに音を上げて、柿にいたずら書きしちゃいそう。
ハローウィーンの顔を書いたりして。笑。

今年は数が少ないですって?あんなにあるのに!
普段は気が遠くなるくらいの数なのですか!すごいすごい。
秋の行事、本当にお疲れ様でした。
ぬくいお風呂に入ってお休みください。
Commented by calligraphy_m at 2006-10-29 23:23
>jamartetruscoさん
「何かくれないといたずらしちゃうわよー」って
ネコぐるみ着て、ひげをほっぺたに書いて練り歩きたいところだけど
このおばはん、どうしちゃったの?と白い眼で見られること必至です。
日本じゃね。笑。
イタリアのハローウィーンは盛大なんでしょうね。楽しそう!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 連れて帰る。 薔薇の花でお茶を濁す。 >>


Top

呼吸するように書く
by calligraphy_m