大根の葉
f0024090_18354435.jpg




f0024090_17503881.jpgサミット(スーパー)へ食材を買いに行く。
小春日和だし仕事は落ち着いてるし、こんなときは道草するに限るのうと、自転車を引きながらのんびりと歩く。落ち葉をかさこそしてみたり、ネコのご機嫌を伺ってみたり。

園芸高校の野菜の即売場の人だかりに気づく。
新鮮野菜がわんさかわんさか。大量な緑が棚に乗っている。土の匂いも漂ってくるような気がする。
買いっぷりのいい人たちに囲まれてると、ついつい気も大きくなって買い込んでしまうのが、人間の性というもんで...。
かぶと大根とサツマイモ。しめて400円也。
いい買い物をしたよーとほくほくして、自転車の前のカゴに入れて歩いていると、おばさんが話しかけてくる。
あらー、園芸高校の野菜でしょ?大根いくらだった?
今サミットで大根98円で買ったのよー。でもこっちの大根の方が良かったわー。新鮮だものねー。サミットのは葉っぱついてないものねー。
かぶ、大きいわねー。ぬか漬けにいいのよねー。ビタミンCが採れるのよねー。
と、わたしのカゴに入った野菜を羨ましそうに見ながら楽しそうに話す。
そんなに見知らぬおばさんに言われると、余計にいい買い物したよーとほくほくの2乗くらいの気持ちで帰ってきた。

大根は今台所でコトコトと煮ている。
温かい湯気が上がってる。
でも実は、冷蔵庫の野菜室を占領している大量の葉っぱ達をどうしようか、ちょっと困ってる。
[PR]
by calligraphy_m | 2006-11-22 17:33 | 墨(象) | Comments(14)
Commented by kazuyoo60 at 2006-11-22 22:11 x
土付きの野菜達、美味しいでしょう。今日従弟が野菜を届けてくれました。ネギと青梗菜と--、早速ネギを戴きました。
カブラの葉は煮物にも美味しいですね。大根の葉は、油で炒めてチリメンジャコを入れて甘辛くされても良いですね。
Commented by calligraphy_m at 2006-11-22 23:24
>kazuyoo60さん
あら、従弟さんからの野菜、うらやましいですねぇ。
ネギ、この時期甘くなって美味しいですよね。
青梗菜はおでんのつゆで煮込むとウマイんだな。
ちなみに、うちのおでんはタマネギとかトマトまで煮込むことになってます。ウマイです。
どうやら今年は野菜の出来が良くて、農家の人たちは捨てなきゃいけない程らしいですね。せめて買ったものは、しっかりと使い切りたいものです。
大根葉っぱとちりめんじゃこですね。やってみよう。
Commented by naopazzo at 2006-11-23 00:00
 今日の書,左側の黒めのが,どことなく,歩道で信号待ちをしているひとのように見えるんですよね。そうすると,右側のは?冬になるからなー,なんていうのがのしかかってくる気分?なんだかおもしろいです。

 大根の葉,いためるときは,ごま油がとてもお似合いですよね。おみそ汁の具としても好きですが。
Commented by toraian at 2006-11-23 10:15 x
いつものことながら、貴ブログを開いたときのドキドキ感。
今回も、ドキ!
いい書です。左右の対比が実に立体的。
そして、直線的でいながら、動きを感じる。
すばらしい作品です。
Commented by fastfoward.koga at 2006-11-23 16:58
書を見て、綴られた言葉を読んで、また書を見る。
大根が、浮かび上がってきました(笑)。
Commented by calligraphy_m at 2006-11-24 00:11
>naopazzoさん
信号待ち!見える!ふふふ。右側のは冬の塊に見えますね。
厳しい冬に立ち向かっていこうとしてるけど
赤信号でちょっと及び腰になってるって感じでしょうか。
札幌はもうすっかり雪景色なのでしょうか?
ゴワゴワの乾燥した冬を過ごす者にとって、雪景色を見ながら過ごす冬はあこがれです。
いや、これは暖かいうちの中で、ぬくぬくと外を見られる時だけの言い分ですが...

昨晩から、大根の葉っぱとかぶの葉っぱをもりもりと食べてます。
お味噌汁にもいっぱい入れてます。
緑のげっぷ(失礼...)がでそうなくらいです。
しかし、まだまだ減りません...。
Commented by calligraphy_m at 2006-11-24 00:14
>冬雷さん
いつもありがとうございます。
でもでも恥ずかしいです。本物を見るとそんなでもないのですから。
わたしの場合、不要なものを切り取ってモニターで良く見せようとしてるのですから。
正直「書」ではないなぁと思っているので
「書をつま弾く...」って偽りだなぁと夜空を見上げてつぶやいてます。
なので、近々ブログのタイトルを変えるつもりでいます。
なかなか良いタイトルが思いつかないんですけどね...。
Commented by calligraphy_m at 2006-11-24 00:16
>コガさん
ははは。大根にも見える見える。
右側の人は、大根の葉っぱに手こずっているわたしです。(笑)
Commented by coeurdefleur at 2006-11-25 09:14
大根の葉は、硬めに塩茹でして刻んだらちりめんじゃことごまたっぷりのチャーハンにする。
ガーリック醤油味。
仕上げにバターで照りをつけて。
蕪はね~豚肉と薄味で煮て、出来上がり間際に塩茹でした葉っぱを投入。
冬の定番。
あ、食べたくなっちゃった^^

書が葉っぱを食ってる蛾の幼虫に見えてしまうのは職業病^^;
ひつじが編み物。自分を編んで身に纏う?@@
Commented by calligraphy_m at 2006-11-25 22:04
>柊さん
葉っぱの消費を教えてくれてありがとう〜
ガーリック醤油味のチャーハンにやられました!
お腹がグルグルっとなりましたよ。
そろそろ消費しつくさないと、クターッとなりそう。
明日はチャーハンにしてみよう。

ふふふ、職業病がこんなところに出るなんて!素晴らしい!
蛾の幼虫は苦手なもんで、せめて蝶の幼虫に見えてもらえるといいのですけど...笑。
羊マーク、冬になると気になるのです。そろそろ毛糸の買い出ししたいなぁって。
Commented by sarasa-reisia at 2006-11-26 01:07
冬の土の中、しっかり栄養のある野菜。。。
そんな感じですね。
野菜好きなので、写真を見ただけでゴックンでした^^;
話しかけてきたおばさんと同じですね。
大根の葉の調理法。。。
皆さん、よくご存知ですね。
美味しそうだな。。。と、またゴックン^^

書は勢いがありますね。
寒さの中でも、負けないぞ!
Commented by toraian at 2006-11-26 09:39 x
私はこのブログタイトルはすばらしいと思っています。
このタイトルに魅かれて訪問し始めたのですから。
力まない自然体のスタイルが表現できている。
だから変えなくていいと思うのですが・・・・。
貴ブログの「書」は、私は「書」だと思いますよ。まさしく「書芸術」ですよ。
私はすごく参考(真似ではなくて)にしているのですよ。
これからもとても楽しみにしています。
Commented by calligraphy_m at 2006-11-26 23:45
>更紗さん
ゴックン、ゴックンですよー。
今日はお昼にチャーハン、夜はほうとう。
ごっそりどっさり葉っぱを消費できました。
なんだかね、栄養が体中に行き渡った感じですよー。

こっちはとうとう冬がやってきてます。
キーボードを打つ手が冷たいのですよ。
ジャワの南国の写真を見て、目だけでも暖まってます。
手をかざしてみても暖かくならないのが残念...。
Commented by calligraphy_m at 2006-11-26 23:53
>冬雷さん
毎回迷い迷って、墨で書いたものを載せているのですが
ああ、なんだか冬雷さんにそんな嬉しい言葉をかけてもらえると
少しだけ自信が持てます。ありがとうございます。
では、もっといいタイトルが思い浮かぶまでこのままにしときましょう。

北海道はもう雪が積もっているんでしょうね。
雪が舞い降りてくるのを見ながら、白い紙に墨を落とすのは、心がしーんと静まっていくような気がします。
わたしも冬雷さんの作品を楽しみにしています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 2007年カレンダー bookmark >>


Top

呼吸するように書く
by calligraphy_m
【プロップデザイン】
お仕事のご依頼、お問い合わせはこちらまで
mail>>


ブログランキング・にほんブログ村へ

【LINK】
カテゴリ
墨(和)
墨(英)
墨(象)
篆刻
仕事&宣伝の巻
イラスト
カレンダー
はじめまして
最新のコメント
>さへいじさん、不思議画..
by calligraphy_m at 14:38
どんな気分でしたか?
by saheizi-inokori at 21:44
>K◎さん、それなりの牛..
by calligraphy_m at 11:43
牛蒡スープ... 肖りた..
by katcat2121 at 13:05
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
more...
検索
タグ
(40)
(18)
(17)
(15)
(13)
(11)
(11)
(8)
(7)
(6)
(6)
(4)
(3)
(3)
(2)
(1)
記事ランキング
ブログジャンル