f0024090_18462087.jpg

チューリップの芽がツンツンと土の中から出てきました。



f0024090_18464527.jpg

家庭菜園で採れたといって、実家から大根2本が届く。
その中に新聞紙にくるまれた丸いものが出てきたので
なんだろうと開けてみると、うごめくパンダの写真とともに、紫キャベツがころり。
なんとなく脱力した朝でした。



打ち合わせに向かう地下鉄の構内で、すれ違った外国人のファミリー。
お父さんに肩車された推定2歳くらいの男の子が、わたしの顔を見るなり「ヤー」とフレンドリーな挨拶。お父さんお母さんも我が息子の行動にびっくりしながら、鳥のさえずりのような笑いを残し、かくいうわたしもかなりびっくりしましたが、ラブリーな笑顔に微笑み返し、穏やかな春の空気が流れました。
その挨拶に影響されたので、打ち合わせ先にて、とても正しい笑顔で挨拶することができました。
[PR]
by calligraphy_m | 2007-02-19 19:10 | 墨(和) | Comments(8)
Commented by kazuyoo60 at 2007-02-19 19:34 x
大根と紫キャベツですか。戴けて良いですね~。綺麗な色していますね~。
2才のお子さんでしたら大抵のことは許せますが、楽しすぎる挨拶?だったでしょうか。
Commented by calligraphy_m at 2007-02-19 22:48
>和代さん
紫キャベツの色は本当に鮮やかです。
白いまな板の上で、千切りにすると滴る紫の液。綺麗です。
煮物とかにすると、色が濁って綺麗じゃなくなるので
今のところサラダにするくらいしか思いつかずにいます。
なんか他においしい食べ方はないのか、ちょっと悩んでます。

男の子のキーの高い声と笑顔...(今でも残像が目と耳に残ってます。)
むふふ、ラブリーでした。
Commented by K◎ at 2007-02-19 22:55 x
新聞の見出しは 「紫キャベツと遊ぶ(転がる)パンダ!」で決まり!
もしかして ウケを狙っていたのかしらん? やるな~ 母上! 父上さま!(笑)

「ヤー」は いいですねぇ~♪
子供は 素直ですからねぇ~ 素直な相手を見つけると
自然と声が出るのかもしれませんよ!
「ヤー」 あたしが云ったら 不気味がられるだろうなぁ … (苦笑)
Commented by calligraphy_m at 2007-02-19 23:18
>K◎さん
あまりウケを狙うタイプの両親ではないもので、偶然かと思われます。
偶然だっただけに、やたらと脱力したと思われます。笑。

へへへ、男の子から何か共通する仲間だって認知されたのかしら?
かなり精神年齢が低いと自覚してますからー!
いえいえ、K◎さんから「ヤー」なんて言われたら、もう嬉しくてほっぺたをくっつけてしまいますわよー。ハグハグ。
Commented by soukichi at 2007-02-20 00:17 x
ああ、そういうのってあるよね。
子どもの笑顔はこの世で最上のものだよ。
特に3歳未満の子どもの笑顔は。
家庭菜園でできた立派な紫キャベツ。買うと高いんだな、これが。
calligraphyさんのお母さま、どこで家庭菜園やってらっしゃるんでしょう。地方かな。
いいなあ、そういうのって。
Commented by calligraphy_m at 2007-02-21 00:30
>そうきちさん、ほんと!
世の中、子どもの笑顔がそこら中にこぼれているのなら、多少のいさかい事もなんなくスルーできることばかりかと思われます。
わてくしの実家はサイタマの川っぺりにありまして、そこでのほほんのほほんと少しばかりの楽しみで菜園を作っておりまする。
家庭菜園ってのは収穫期には大量に収穫期になり(特にタマネギ!)、こっちまで大量に送ってきて食べろ食べろ攻撃をされて、ありがたやありがたやとせっせと食べてます。ハイ。
Commented by ロココ at 2007-02-22 22:12 x
パンダ、中国でははげしく繁殖しているようですね、何よりです。
書もなにやら、春に向かっている感じがします。
なんか、いいですね。見てたら元気出てきたーっ!

Commented by calligraphy_m at 2007-02-22 23:51
>ロココさん
パンダの出産ラッシュ!めでたい、めでたい。
カンパーイ!(ビールを差し出しながら)
春は淡々と過ぎていきますねぇ。
もう寒の戻りはないのかね?と
涙目と鼻づまりで恨めしく空につぶやいてみるのです。
へ、へ、ヘックショイ!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 多摩川自転車行 春の交差点 >>


Top

呼吸するように書く
by calligraphy_m