3月1日
f0024090_2355985.jpg




f0024090_011793.jpgお見舞いメールに涙する。
涙もろくなりました。ありがとぉぉぉ。
そんな中、学生時代の先輩から「言うのを忘れてましたが入籍しました。2児の父親にもなりました。」っていうメールが来てぶっとびました。涙も一瞬止まりました。いやー、めでたい。めでたい。





あっれーー。今日3月2日じゃない!って、素っ頓狂な声を出すわたし。
そうだ、昨日は同居人の誕生日だったんだ!しまった、忘れてた!
気づいてた?
と、背中の同居人に尋ねると、ああ、もちろんよー、自分の誕生日くらい覚えてるよー、だって。
言ってくれなきゃ忘れちゃうよーーと、自分が忘れてたことを棚に投げ上げたわたしです。(ヨッ!オニヨメ!って合いの手が聞こえてきたような気がします。)
いやー、すっかり忘れてました。

3月1日ってのは、どうも忘れるのですね。
2月が28日までで、いきなり3月になってしまうのだから。(ごにょごにょ言い訳する。)
でも、いつもは2月にはなんとか思い出して、なんとかケーキなどを買って祝ってましたが。たはは。今年は仕事が忙しいやらウルリッヒの引退やらで、すっかり抜け落ちてました。ごめんなさい。

とても申し訳ない気分だったので、このページでは前々から「同居人」呼ばわりしてましたが、これからは「オット」に格上げしてあげよう...か。
と思ったら、わたしのお気に入りのグラスを割ってくれましたので、やっぱり「同居人」のままにしときます。ハイ、オニヨメです。
[PR]
by calligraphy_m | 2007-03-03 00:17 | 墨(象) | Comments(14)
Commented by maria-jazz at 2007-03-03 08:07
よっ、オニヨメ!
引退する選手のことに気を取られて、オット様の誕生日を忘れていたわけですね?いやいや~、_mさんたら、私そっくり!(笑)
人が第二の人生を歩き始めたり、ひとつ年を取ったり、時間って本当に待ってくれないですよね。
また、3月もちゃりっと自転車を流すように、まいりましょう!
この書好きだな。
Commented by toraian at 2007-03-03 10:09 x
この書には深遠な世界が有る。
同居人のことなんか意に関せずという世界が有る。
芸術にのめり込んだら誰でも陥ることだと、私はそう思っている。
これは私の同居人に対する言い訳でもある。
いいですね、この作品。
Commented by inuinui01 at 2007-03-03 11:41
ありゃりゃ、オット様が可愛そうですよ~。
というのも私も明日誕生日ですが忘れ去られてるためオット様の気持ちが分かります(笑)
来年はバンバンザイと祝ってください♪
Commented by kazuyoo60 at 2007-03-03 14:26 x
あら、旦那様にして下さい。(笑い)
仲良く年を重ねられるのでしょう。良いですね。お年を存じませんが、30代でもなさそうかなと--。(にこにこ)
最初のは何に使われるのでしょう。こういうジャンルがあるのですか。芸術は見たいように見れば良いですね。
Commented by coeurdefleur at 2007-03-03 18:10
光っているように見えるわ。
蛍が飛び交うさまと見れば幻想的。
太刀魚の切り身と見れば現実的。
共通点は、
どちらも季節が巡れば会えるもの。
同じに見えて一つとして同じものはないもの。
Commented by soukichi at 2007-03-03 20:40 x
お~お~、私もやったことあります。
でもcalligraphyさんの同居人が、そんな大らかな人でよかったね~
calligraphyさん、何気にしあわせものですよ。
下の記事ね、私もcalligraphyさんほどではないものの、イアン・ソープが引退だって聞いたとき、同じようなこと思ったものです。
ほんとに残念・・・

この書から私がイメージするのは竹取物語です。
今から生まれる、って感じ。


Commented by calligraphy_m at 2007-03-04 00:53
>マリアさん、ありがとう。
そっくり?へへへ、お仲間がいて心強い!
2月は逃げるし、3月は去るし、歳月人を待たずです。
いっさいがっさい投げ出して、夜の波止場から霧の中を出帆したいもんです。ものかげから青江美奈のようないい女が見送ってくれて、そのうえ涙ひとつぶ流してくれて...。うんうん、世捨て人になるなら、こんなシチュエーションがいいなぁ。
ああ、訳のわからん想像で現実逃避してます。
「自転車を流すように」...いい言葉だな。肩肘はらずにちゃりっといきます。
マリアさんのお仕事の方は進んでますかー?応援してますー。
Commented by calligraphy_m at 2007-03-04 00:59
>冬雷さん
「深淵」...深いお言葉をありがとうございます。
そんなに深く思考して書いているわけではないので、恥ずかしいです。汗、汗。
確かに、やりたいことに専念しようと思ったら
相手のことなんかおもんばかってられないですよね。
芸術に限らず、なんでも。
でも一緒に暮らしていると、波風たたないよう気も使うし
その辺のバランスがむづかしい。はは。なんか愚痴になってきた...。汗。
冬雷さんは、同居人さんの誕生日をお忘れなきよう。笑。
Commented by calligraphy_m at 2007-03-04 01:02
>inuinui01さん HAPPY BIRTHDAY~♪
誕生日の日に、夕飯食べてるときなぜか話が弾まんなぁと思ったのですよ。
今思い出してみると、気にしてたみたいなのね。
わたしったら全然気づかずに!(オニヨメ!)
今日になって、2日遅れでケーキで祝いました。たはは。
来年は忘れないように、反省込めてブログに書いておいたというわけです。
Commented by calligraphy_m at 2007-03-04 01:05
>和代さん
旦那様なんて!とてもとても。気恥ずかしい。(笑)
白状しますと、40代でございます。
芸術なんて言われると、オハズカシイかぎりですが
自分の中で生まれた気持ちをそのまま感じてもらえれば
それでいいんじゃないかなぁと思いますー。
Commented by calligraphy_m at 2007-03-04 01:08
>柊さん
太刀魚の切り身だと現実的?
もしかしてお腹すいてる?笑。
銀色に輝く切り身をお刺身&わさび醤油で食べたくなりましたー。
ああ、いかん、いかん。もう真夜中だというのに、冷蔵庫ごそごそしちゃいそう。
書き手の思惑を超えて、いろいろイメージしてもらえるなんて!心躍ります。ありがとう。
季節は巡っていきますねぇ。
Commented by calligraphy_m at 2007-03-04 01:11
>そうきちさん
はは。そうきちさんも!?
おおらかなのか?いや、いじけてたのかも。たはは。
イアン・ソープも引退しましたねぇ。しみじみ。
その時代に輝いた人が舞台から去っていくのは寂しいです。
輝けば輝いたほど。
ことにウルリッヒの場合は身体的に衰えたわけではなく、いろんな人たちの思惑で追い込まれてしまって、やむなくという感じだったので、余計に悲しく、寂しく...。ふぅー。

竹取物語!おお、なるほどー。
楽しいイメージ、ありがとう。
Commented by lanterne-rouge at 2007-03-05 22:34
本当に本当に突然の引退で残念です。
いずれ監督になって、リースやブリュイネルみたいに名監督って言われる存在になってくれればいいですね!
選手としては引退しちゃったけど、これからも応援していきましょう!!
Commented by calligraphy_m at 2007-03-05 23:40
>らんたんさん
残念で残念でたまりません。
名監督かー...。
駆け引きとか、心理を読むとか、あまり得意ではないような...?
いい人だから...。笑。
でも、若い選手をびしばし鍛えてほしいなぁ。
ああ、太ってしまったウルリッヒは見たくないなぁ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 呪文 引退 >>


Top

呼吸するように書く
by calligraphy_m