宵の匂い
f0024090_14174868.jpg

「バベル」を見る。痛々しさとやり切れなさが突き刺さってくる。
帰り道、映画の余韻に浸りながら、しとしと降る雨の住宅街を歩いていると
きんぴらごぼうの香ばしい醤油の匂いが漂ってきた。夕餉の時間。
映画の中の不幸や危機や孤独に対峙する家族の顔が、頭の中からほわっと抜けていき
代わりに現実のささやかな幸せが、ほわーんと心の中を占めてゆく宵。
鼻をくんくん動かすと、腹の虫がぐぐーっと鳴った。平和だね。

我が家の平和な晩ご飯は、揚げ出し豆腐に茗荷を大量に載せて。
沖縄産と書かれたピーコックの茗荷はぷくりと太って大きい。

紫陽花も咲き出して、梅雨はもうすぐ。
[PR]
by calligraphy_m | 2007-05-31 00:53 | 墨(英)
<< haco 調子に乗りすぎ、奥多摩の手前まで >>


Top

呼吸するように書く
by calligraphy_m
【プロップデザイン】
お仕事のご依頼、お問い合わせはこちらまで
mail>>


ブログランキング・にほんブログ村へ

【LINK】
カテゴリ
墨(和)
墨(英)
墨(象)
篆刻
仕事&宣伝の巻
イラスト
カレンダー
はじめまして
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
more...
検索
タグ
(42)
(18)
(17)
(15)
(13)
(11)
(11)
(8)
(7)
(6)
(6)
(4)
(3)
(3)
(3)
(2)
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル