チョコレート狂詩曲
f0024090_2314172.jpg




f0024090_19264096.jpg
伊勢丹サロン・ド・ショコラにて
チョコレートの祭典。
とにかくとにかく
すんごい人混みの中をかきわけかきわけ
甘い香りにむせながら
チョコレート芸術の大海原を漂う。



これはスペインの「オリオール・バラゲ」
個性的な形とショッキングな色に惹かれて買い。
(空いていて買いやすかったこともあるんだけどね。)

去年売り切れで今年こそはと誓っていたプラリュ・ピラミッド[小]は売り切れ。
[大]は¥5,250。値段で却下。
あらー、このページだとお安くなってるわーん。

熱気を冷まそうと、ピエール・マルコリーニのアイスクリームが食べたかった...
けれど行列に並ぶ元気がなくて、すごすごと退散。

今年もチョコパッケージの視察と称して、これから売り場巡りが始まります。
甘い香りに酔う日は続く。
【blogランキング】
[PR]
by calligraphy_m | 2006-01-30 19:28 | 墨(英) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 二月の始まりも雨 連日の酔っぱらい >>


Top

呼吸するように書く
by calligraphy_m