小さき痛み
f0024090_16283114.jpg




f0024090_15304298.jpgf0024090_1539990.jpgf0024090_15422863.jpg








台風一過の素晴らしい空のはず...と思ってうっすらと眼を開けたら、どんよりと曇り空。
二度寝した後に、ごそごそと起き出して熟んだ桃を食らう。
手に滴る汁(べたべた)と、喉を通る果肉(瑞々しい)と。脳内活性。
つけ合わせはチー坊。
最近はいつもスタンバイさせていて、冷蔵庫を開けるたびに目が合うと、ふっと笑みがこぼれます。たまになにかの拍子で後ろ向きになってたりすると、わざわざ前向きにしてご対面。が、後ろ姿にも哀愁があります。

ここのところ、口内炎と仲良しになり、ことあるたんびに「おお!」とか「いてっ!」とか、小さい痛みをかかえる日でしたけど、だいぶ良くなってきました。もう大丈夫。舌でくだんのか所を触ってみて、かの痛みを反芻してます。
ええ、痛みを懐かしむ余裕もできましたってことで、さぁ仕事しよ。
[PR]
by calligraphy_m | 2007-07-16 14:45 | 墨(象)
<< はにわのにわ stripe >>


Top

呼吸するように書く
by calligraphy_m