一夜の宿
f0024090_05425.jpg




f0024090_19135348.jpg夏の塊が飛び込んできた。
同居人からちょっとちょっとと手招きされて、ベランダに出てみたら、黒い塊がひっくり返って足をバタバタ。立派なツノ。おお、おお、あんた野生モノ?それともどこかの少年の虫かごから逃げてきたの?
ちょうどかじり終わったスイカをあげたら、ハンガーノックだったのか、がしがし、じゅわじゅわとスイカを食べて、後ろ足をひょいっと挙げておしっこをピューッ。やたら元気だ!

さて、一夜明けて、この生き物をどうしようか...。なんせわたしは怖くて触れない。(どうもゴッキーに見えちゃってねぇ。)その上、彼はやたら落ち着きがない。ごそごそ動いて、心地よい場所を探してるようだ。
なので、近所の桜の木の下に置いてみることにする。すると、樹の匂いがわかったのか、むっとする夏の風が心地よかったのか、のそのそ這い出して上へ上へと登っていき、葉の間に隠れて見えなくなった。
一夜の宿を与えたわたしとしては、少しは名残惜しくしてもらいたい気もしたけれど、さっさと出ていってくれたことで、これで良かったんだろうとほっとした。

蝉もようやく鳴きだして、梅雨明けの報が待たれる日。
[PR]
by calligraphy_m | 2007-07-30 00:06 | 墨(和) | Comments(12)
Commented by soukichi at 2007-07-30 00:39 x
はは、calligraphyさん、カブトムシも捕まえられないんだ。
私は捕まえられるよ。って、子供みたいに誇らしげにすることでもないけどね(^-^)
息子が幼稚園児だったとき、夏休みの宿題の虫取りをしに公園に行って、せっせと蝉を取って息子のムシカゴに入れてやって、大いに泣かれた私です。息子は虫嫌い。
なのでゴッキーが出ても退治するのは私の役目なの。(泣)
ほんとに梅雨明け、いつになるんでしょうねえ・・・
Commented by kazuyoo60 at 2007-07-30 09:37 x
どこかの虫かごだとしたら、その子が泣いているかも--。立派な角ですよ。
元気の良いカブト君です。桜にも住むのかは知りませんが、子供の頃に山へ叔父に連れて貰ったときはクヌギの木でした。クヌギの樹液にクワガタ虫とカブト虫がいました。
ゴッキーとは--、一寸の虫にもですか~。
せっかく生まれたのです。ちゃんと人(虫)生を全うしてね。
Commented by K◎ at 2007-07-30 11:28 x
夏の塊とは 味のある表現ですねぇ! さすが!
それにしても 随分立派ですこと! やっぱり 脱走でしょうか?
で、一夜の恩に 連れ合いを見つけて戻ってきたら どうします?
うれしいけど 恐いですよねぇ … (苦笑)

ちなみに 自分も黒い塊は苦手です 全部黒い悪魔に思えてダメ … (涙)
Commented by calligraphy_m at 2007-07-31 00:50
>そうきちさん
夏の思い出はいつまでも褪せないねぇ。
ははは。母は強し!
そうきちさんのゴッキー退治はいつまでも続きそうだね。
うちは二人とも苦手だから、いつもなすりあいで、わーわー言いながら退治するのです。あの黒光りの薄っぺらい体型を見ると、ゾクゾクゾク...鳥肌がたちます。ゴッキーも数少ない貴重な虫だったら大切にされると思うんだけど、残念だったねぇと思いながら、ゴキジェットをしゅわーーーっと吹っかけるのです。
Commented by calligraphy_m at 2007-07-31 00:53
> 和代さん
そうでした。カブトムシのいる樹はクヌギでした。
桜じゃぁ樹液が出ないのかな? あの桜の木の近くには、クヌギの木がないなぁ。縁のあったカブトムシだから、ひと夏元気に過ごしてほしいものですが...。
ベランダの小さいレモンの木にも、アゲハ蝶の幼虫(たぶん)がいっぱいで、葉っぱを食べ尽くされてしまうので、かわいそうに思いながらも箸でつまんでポイッ!
虫生を全うするには、なかなか難しいようです。うー。
Commented by calligraphy_m at 2007-07-31 00:58
>K◎さん
あははは。いくら恩を感じてくれたって、嬉しいけれど2匹は勘弁!
あの黒光りは、みんな同じだよね。
特にお腹のところの足が詰まってる部分。ゾクゾクゾク...。
ごそごそと、あの機械仕掛けのような足の動きもNG!
思い出しただけでも鳥肌が...。う、う。
Commented at 2007-08-01 00:09
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by calligraphy_m at 2007-08-01 19:18
>鍵コメントさん
そういう観点から見ると、貴重だよね。うんうん。
でも、なかなかそうは思えないところが、ゴキのつらいところ。
同情はするけれど、ぜひとも生き残って欲しい!とはなかなか思えません。
思わなくても生き残るのだろうけど。笑。

ん?電話番号?
Commented at 2007-08-02 15:54
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by calligraphy_m at 2007-08-03 00:29
>鍵コメントさん
ゴキ退治の薬、人間が嗅いで害はないのかしら?
匂わないのに刺激...ほー。ヒトに害がないのなら、欲しいなぁ。
キラートって名前からして、すごく効き目がありそうね。

わおーわおー、ありがとう。ありがとう。
お国自慢は、もう大歓迎でして、明後日が楽しみだー。
Commented at 2007-08-05 12:44
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by calligraphy_m at 2007-08-05 23:38
>鍵コメントさん
ありがとうございましたー。
「きょうやつ」美味しくいただきました。
あーん、もうお国自慢満載で!(笑)
本州の西方への旅はいつか果たしたいもんです。
まだ未踏の地...。いつになるかなぁ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 梅雨明けの空に はにわのにわ >>


Top

呼吸するように書く
by calligraphy_m