多摩川の花火の前に駆け抜けた。
f0024090_0184671.jpg




f0024090_18223337.jpg灼熱な日々から解き放たれて
ようやく自転車で走れる気温に。
耳元で風を切る音とともに
蝉時雨がどこまでもどこまでも追いかけてきた。
くるくると足を回し回して
どこまでもどこまでも行ける気分。
軽い軽い...と玉川兄弟_■で折り返し。

帰りはやっぱりダメでした。
重い重い...。

夜は家々の間から輝く半欠けの花火を観て、ビールで喉を潤す。
[PR]
by calligraphy_m | 2007-08-18 18:48 | 墨(和)
<< 夢の中の赤 熱風吹く中 >>


Top

呼吸するように書く
by calligraphy_m
【プロップデザイン】
お仕事のご依頼、お問い合わせはこちらまで
mail>>


ブログランキング・にほんブログ村へ

【LINK】
カテゴリ
墨(和)
墨(英)
墨(象)
篆刻
仕事&宣伝の巻
イラスト
カレンダー
はじめまして
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
more...
検索
タグ
(40)
(18)
(17)
(15)
(13)
(11)
(11)
(8)
(7)
(6)
(6)
(4)
(3)
(3)
(2)
(1)
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル