多摩川の花火の前に駆け抜けた。
f0024090_0184671.jpg




f0024090_18223337.jpg灼熱な日々から解き放たれて
ようやく自転車で走れる気温に。
耳元で風を切る音とともに
蝉時雨がどこまでもどこまでも追いかけてきた。
くるくると足を回し回して
どこまでもどこまでも行ける気分。
軽い軽い...と玉川兄弟_■で折り返し。

帰りはやっぱりダメでした。
重い重い...。

夜は家々の間から輝く半欠けの花火を観て、ビールで喉を潤す。
[PR]
by calligraphy_m | 2007-08-18 18:48 | 墨(和) | Comments(16)
Commented by kazuyoo60 at 2007-08-19 09:10 x
多少涼しくなっても、まだこれだけの運動は暑いでしょう。
蝉時雨が聞こえなくなれば、秋の気配ですが--、ある日突然聞こえなくなるのですよ。今は静かですが、そのうち鳴き出しそうです。
サラサラと書けたら、気持ちいいでしょうね~~。
Commented by soukichi at 2007-08-19 09:18 x
『半欠けの花火』。
うまい!
うまい言い方だな。
それだけで映像が浮かぶし、風情のある言い方。
実は毎週末、お風呂脇の小さな窓から半欠けの花火がチラチラと見えるのです。
その時間(8時くらいから始まる)に駅前近くにいると、建物の間からも花火が見え隠れする。
それもこの時期だけの風物詩。
Commented by ピノコ at 2007-08-19 17:22 x
↑の方同様、
「半欠けの花火」に座布団1枚っ!(笑

分かります~夏ならでは。
そして、その半欠けを家族の誰よりも先に見つけられと
「ほら!あっちの方、観なかったのぉ~」なんて
ささやかに勝ち誇れます(笑

特に息子は単純なので
「どこどこ!!」とそれはもう必死になります(笑

夏夜の遊びですね^^
Commented by katcat2121 at 2007-08-19 20:29
おぉ~ 筆涼しや蝉の声
一鳴き終えて また一鳴き
み~ん 力尽きて 風と散る

自転車 お疲れ様でした
赤いマシーン まさか そのまま放りっぱなしじゃないですよねぇ?(笑)

自分も 昨日 慣れって恐ろしいと思いました
ちょっと 気温が下がっただけで 涼しいやねぇ~って、感じるんだもん
それだけ 今年の暑さは異常ってことなのにねぇ!

多摩川の花火 … 自分の実家 多摩川に近いんですよ
でも もう何年も見てないなぁ …
ちゅーか 実家からでは 見えないんですけどねぇ!(苦笑)

Commented by calligraphy_m at 2007-08-20 01:23
>和代さん
少し涼しくなっただけで、さぁ行こう!って思えるんだから、感覚の麻痺って恐ろしいですねぇ。恐ろしいほど汗をかいたけれど、これでもかこれでもかと水を飲んで、熱中症にならずに済みました。とほ。
ある日突然聞こえなくなる...もう夏の終わりの話題がちらほら。もう暑いのは勘弁と思っても、やっぱり寂しくなるのは毎年のこと。蝉の鳴き声ももう少し聞いていたいもんです。
漢字かひらがなか、どちらで書こうか迷ったのですが、ひらがなでさらっと書いてみました。えへへ、ちょっと気持よかったです。
Commented by calligraphy_m at 2007-08-20 01:27
>そうきちさん
「半欠け」っていうのはちょっと言い過ぎで、実は「4分の3欠」っていうのが正しいです。笑。
悲しき住宅事情ってやつで、もう少し上階だったら、もっと見えるだろうにってはがゆい気持で眺めてます。やっぱり花火は音が大切。川辺の風に吹かれて、音と一緒に体感したいもんですが、あの混雑には耐えられず...。
そうきちさんのところは、時計代わりの花火?毎週見られるってのは、うらやましいです。
どこぞの花火なんでしょう。
お風呂脇の小窓っていうのも風情がありますねぇ。
Commented by calligraphy_m at 2007-08-20 01:30
>ピノコさん
ピノコ家の夏、ほほえましいです。にまにましちゃってます。
SOくん、かわいいなぁ。

昨日は、ケーブルテレビで多摩川の花火が生中継してたので、テレビの画像を左目で見て、おお、大きいのがくるぞくるぞって思って、右目で窓から見るとおおおおーって、ちょっと楽しい見方ができました。
Commented by calligraphy_m at 2007-08-20 01:33
>K◎さん
「力尽きて風と散る」....はかないなぁ。今日をかぎりと鳴くんだからねぇ。

もちろん、放りっぱなしはしません。ロードレースな自転車なもんだからスタンドっつうもんがないので、原っぱとかで休憩するときは(立てかけるものがないので)寝かせておくのですね。自転車もお休みいただくのです。(笑)
そうそう、ご実家はお近くでしたね。小さい頃に見た花火って、セピア色になってしまっても懐かしい光景が浮かぶのですね。一緒に見た家族とか友達とか、はたまたおつきあいしてた男子の顔もね。ふほほ。
Commented by sarasa-reisia at 2007-08-20 13:56
あぁ、このリズム感♪
好きだなぁ・・・^^
Commented by mega-graphics at 2007-08-20 19:11
火の日は横浜にちょうど行っていたので、
第3京浜から見られるかなぁと思ったら、思ったより早く通り過ぎちゃって・・・
見たのは、土手にびっしりと待機する人、人、人。
あの中には入る勇気はなかったのでやはり、半欠けの花火を住宅街で楽しみましたよ。
音がお腹をど〜〜んとついてきて、すかっとしますね。
数年ぶりに復活した花火大会は、けっこう盛大でしたね。
Commented by fastfoward.koga at 2007-08-20 22:06
涼しげないい文字ですね。

いいなー、灼熱の日々から解放されて・・・。
こちらはいつまでも暑いです。暑いです。暑いです。暑いです(笑)。

わたしも先日ベスパで走りましたが、暑いながらもきもちよかったです。
これから、いい季節になりますね。
Commented by calligraphy_m at 2007-08-21 00:41
>更紗さん、ありがとう。
暑い暑いと言いっ通しの夏ですから、せめて腕をリズミカルに動かしてみましょうってことで、そんでもって墨もさらっと涼しげにしてみましょうってことで、いっちょ上がり。
「墨の声」を聞いたような気がしますが、耳が遠いので聞こえませんでした。笑。
「糸の声」どんなだろ?
Commented by calligraphy_m at 2007-08-21 00:45
>ecoさん
半欠け(正確に言うと4分の3欠け)の花火...はがゆいながらも、風情ありでした。
高速道路から見る花火もいいなぁ。
オレンジのライトがびゅんびゅん去っていく向こう側に、花火がどどーん。
でも、花火を見ながらの運転は危ないし、スピードを落とすから渋滞になってしまうのかもね。むーん。
うんうん、腹に響く花火の音!すかっ!
Commented by calligraphy_m at 2007-08-21 00:49
>コガさん
京都...暑いんですねぇ。
こっちも土曜日が涼しかっただけで、昨日、今日はぶり返しの暑さです。暑いです。暑いです。暑いです。笑。
自転車で走ってるときは、風を受けて気持いいのだけれど、止まったとたんにむわーんと空気が淀んで、ぼたぼたと滴る汗!むーん。止まっちゃぁいけません。
早く涼しい風が吹けばいいのだけれど。もうちょっとのはず。がんばりましょう。
Commented by ロココ at 2007-08-21 12:16 x
暑い暑い暑い暑いといえる夏がやっぱり嬉しい。
それだけ、ずっしりと夏を感じられるから。
で、せみしぐれーの文字がすずしーく感じるのです。
あとしばらくしたら_mさんのカレンダーの8月も終わりですか。
なんだか、名残惜しいねえ。暑いのはいやだけど、名残惜しいですよ。
半欠けの花火っていいねえ。私はあんかけそばが…いやいやなんでもない(爆)
Commented by calligraphy_m at 2007-08-22 00:13
>ロココさん  ずっしりとした夏ですねぇ。
あんかけそば!食べたい!いえいえなんでもよくないです。
あのとろみについて語りたい。イカとエビとタケノコと絹さやについて語りたい。熱いものを食べた後にキンキンに冷えた水を飲むことについて語りたい。笑。

そろそろ夏も終わりって声がちらほら聞こえてくるのに、残暑お見舞いも書かずにいて、酷暑が続いているから、まだ大丈夫だろうって油断しまくりの夏です。
ロココさんの夏はいかがですかー?
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 夢の中の赤 熱風吹く中 >>


Top

呼吸するように書く
by calligraphy_m
【プロップデザイン】
お仕事のご依頼、お問い合わせはこちらまで
mail>>


ブログランキング・にほんブログ村へ

【LINK】
カテゴリ
墨(和)
墨(英)
墨(象)
篆刻
仕事&宣伝の巻
イラスト
カレンダー
はじめまして
最新のコメント
>さへいじさん、不思議画..
by calligraphy_m at 14:38
どんな気分でしたか?
by saheizi-inokori at 21:44
>K◎さん、それなりの牛..
by calligraphy_m at 11:43
牛蒡スープ... 肖りた..
by katcat2121 at 13:05
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
more...
検索
タグ
(40)
(18)
(17)
(15)
(13)
(11)
(11)
(8)
(7)
(6)
(6)
(4)
(3)
(3)
(2)
(1)
記事ランキング
ブログジャンル