手紙
f0024090_2310869.jpg

新しい命を育んでいる友と、入院している恩師に手紙を書く。
どちらもくれぐれも御身大切にっていう内容の手紙、2通。
友宛には言葉がどんどん出て来て、便せんの空白がどんどん埋まっていくのだけれども、先生宛の励ましの手紙にはなんて書いていいのやら、なかなか空白が埋まらない。もともと筆無精なもんだから、尚一層悩む時間だけが過ぎてゆく。漢字もすっかり抜け落ちて情けないです。キーボード相手にパチパチとやってばかりではいかんじゃないか。デジタルから離れて、アナログへ移行していかなきゃまずいんじゃないか。
アナログと言えば、最近そろばんを使って計算するようにしています。パチパチと玉をはじく感触が良い感じです。ただ、合っているのかどうか自信がなくて(とほほ。)計算機でもう一度計算し直すことになります。結構面倒です。

オリオン座が瞬く季節になって、冷気が身を引き締めます。
新しい命が生まれ出ることの期待と、身体の痛みがなるべく和らぐことの祈りとが、夜空に交錯するのです。
[PR]
by calligraphy_m | 2007-11-21 23:06 | 墨(象)
<< 冬の贈り物 梅もどきの木が >>


Top

呼吸するように書く
by calligraphy_m