「単騎、千里を走る。」を見る。
f0024090_23411491.jpg

健さん、不器用で無口、武骨なたたずまいを好演してました。
登場している中国の人たちと、強い光を放つ眼力と誠の心で通じ合っていたような気がしました。(言葉が通じないことで、ほのかな笑いがあったりする。)
きかん気の子どもとの触れあいも楽しい。
(日本人がうん○好きって思われないかちょっと心配。考えすぎかしら?)
そんな不器用な健さんがデジタル機器を駆使してたのが、ちょっと意外?

全編、静かであたたかな涙が溢れる映画です。



「単騎、千里を走る。」のロゴがスクリーンに映ったとき...
あまりにも一瞬だったので、あー映った映ったって確認するのみ、感慨もなにもなし。
続けて中国の方が書いたロゴが出て
おーかっこいいなぁと思いましたが、またそれも一瞬にて
物語の筋道に入り込んでいきました。はは、そんなもんですね。

【blogランキング】
[PR]
by calligraphy_m | 2006-02-08 23:24 | 墨(和)
<< パキラだけ元気がいい。 「さらっ」とした書き心地 >>


Top

呼吸するように書く
by calligraphy_m
【プロップデザイン】
お仕事のご依頼、お問い合わせはこちらまで
mail>>


ブログランキング・にほんブログ村へ

【LINK】
カテゴリ
墨(和)
墨(英)
墨(象)
篆刻
仕事&宣伝の巻
イラスト
カレンダー
はじめまして
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
more...
検索
タグ
(40)
(18)
(17)
(15)
(13)
(11)
(11)
(8)
(7)
(6)
(6)
(4)
(3)
(3)
(2)
(1)
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル