ラスト、コーション
f0024090_11493990.jpg

ラスト、コーション 観ました。
官能です。エロティシズムです。
話としてはありがちですけど、脚本がよくできていて、ながーいお話(2時間半!)が飽きません。ぐいぐい惹きつけられました。男女の絡み合う裸体は美しいアングルでしたこと。
トニーさんもタンさんも目で演技してました。「目は口ほどにモノを言い」ってこのことねぇ。タンさんはスタイルいいわねぇ。とっかえひっかえのチャイナドレスにタメイキ。イー婦人はツインピークスに出てた女優さんだわーん、ちょっと老けたわーんと感慨深し。そんな映画でした。

観たい映画がメジロ押し。
「ヒトラーの贋札」「陰日向に咲く」「ペルセポリス」「トゥヤーの結婚」
[PR]
by calligraphy_m | 2008-02-26 19:27 | 墨(象) | Comments(6)
Commented by mega-graphics at 2008-02-28 11:22
ラストとコーションの間は、ほんとに「、」なんですね。
サイトを見てきました。
確かに目力!2時間半も中だるみしないとは、見たくなります。

ツインピークスと聞いてさっそくイー婦人をチェックしましたが
覚えてな〜い。でもまたツインピークスが見たくなりました。
デスパレートな妻たちに出ていたカイル・マクラクランは
年取ってないと思いませんかぁ?

Commented by fastfoward.koga at 2008-02-28 20:46
わたしも「陰日向に咲く」は見たいのです。
映画を見る前に原作をいつも読むのですが、calligraphy_mさんは読まれましたか?

劇団ひとりって出てきたときの芸風が嫌で、なかなか手にとらなかったのですが、なかなかオドロキな才能でした。
もっと早く読めばよかったと後悔したくらいです。
Commented by calligraphy_m at 2008-02-28 23:50
>ecoさん
観た後に、大笑いですっきりするとか、涙でじわーっとするとか、そんなタイプの映画ではありませんが、ストーリー展開にドキドキする、そんな映画です。
うわっ!そこでそうなるか!とか、うーん、どうしてそんなことするんか!とか、ふむふむ、やっぱりそうなるよなぁとかね。

イー婦人、ツインピークスでは若かったからねぇ...。今もお綺麗だけど、貫禄がついたっていうか...。
あ、でもわざと演出で年とってるように見せてたのかも?
タンさんとの対比で、わざと貫禄をつけてたのかも?
ちなみにイー婦人、ラストエンペラーにも出てたよ。
ああ、デスパレート...観てないわ。
カイル・マクラクランも懐かしいやねぇ。
Commented by calligraphy_m at 2008-02-28 23:54
>コガさん
原作読んでないです。
今までの経験から言って、原作から読むと、原作のイメージで映画を観てしまうから、うーん、なんか違うなぁってことになりかねないのですね。
宮崎篤姫とか西田モーゼとかポイント高いんだけど、やっぱり一番なのが岡田さんでしょうかぁぁ。
映画観たら、原作読んでみます。
Commented by soukichi at 2008-03-05 23:00 x
何やらちょっとお久しぶり。
私は土曜の12時から始まるJ-waveのアンドレア・ポンピリオの番組が好きで毎週聴いているんだけれど、彼が絶賛してたな、この映画。
でもって、ちょっと怒ってた。
日本で流れてるこの映画のCMが、濡れ場シーンにばかり特化してるって。
たしかにあれだけだと、私はちょっと・・・・でした。
トニー・レオンは大好きだけど、ヒロインがいまひとつだったし。
トニーには『花様年華』なんていう完璧に美しい作品があるし。
でも、よかったなら見てみたいなあ・・・
Commented by calligraphy_m at 2008-03-06 15:58
>そうきちさん
そうですか。絶賛してましたか。
あの話題のシーン、長いです。エンエンと続いてました。
綺麗なんだけど、最後はもういいよーって食傷気味。
トニーさんは冷徹無比な役にしては目が優しすぎで、わたしとしてはキリリッとした流し目気味の人の方がいいんじゃぁ?と思いましたが、一方のタンさんは体当たりだったから好感持ちましたよ。
「花様年華」...観てないな。先に「2046」を観ちゃったもんだから、どうしよーって思ってるうちに観のがしてる。今度観てみよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 音痴ですが 雨水 >>


Top

呼吸するように書く
by calligraphy_m