はまぐりじわり
f0024090_0192478.jpg

昨日は、今まで経験した中でもっとも緊張したお仕事でした。
お三方の前でじわじわっと墨が滲んでいく様を披露するというもの。
(たった3人と言うなかれ。普段ひとりで書いてるときの3倍なんですから。)
しゃべりがしどろもどろでしたけど、結構楽しんでました。わたくし。
どうもどうも。ありがとう、ありがとう。

ってなわけで、緊張から解きほぐされて頭の中でひとり反省会を開きつつ、道路をよたよたと歩いていると、やたらとのろい足取りに。気がつけば、前を歩いている女子高生3人もわたしと同じペース。沢山の人が足早に闊歩する道路にて、女子高生3人とおばさん1人の影はのろのろと、そこだけペースを乱してた。そのペースがなんだか心地よくて、ずっとずっとのろのろと歩き続け...。
夕飯の買い物をしようと魚を見ていたら、はまぐりのじわりと動く影。その動きになんとなく共感を覚えたので買ってみた。砂出しの水に入れたら、またまたじわりと動く。

はまぐりはその後、菜の花と炒めて腹の中。



f0024090_0212066.jpg
今か今かとしずくが垂れるのを
ファインダー越しにじっと待つ。
あ、落ちた!
その瞬間、シャッターは間に合わず。
無念。

夕方に雷。
[PR]
by calligraphy_m | 2008-03-15 00:22 | 墨(象)
<< 内と外のさくら 街の新陳代謝 >>


Top

呼吸するように書く
by calligraphy_m