刻々と
f0024090_2132642.jpg

いよいよ咲き始めましたね。






f0024090_21472252.jpgf0024090_22443571.jpg








多摩川沿いを自転車で走る。
紫外線防止と花粉症対策のためサングラスとマスクは必需品。かなり怪しい人になってるけれど、人目は気にしないことにする。自転車はひとりの世界にどっぷりと入り込めるのだからね。
菜の花の横を走り抜けたり、連翹の黄色が目に優しかったり、柳の若い芽が風に揺れるのを綺麗だなと思ったり。(ノロノロ運行のため、気になるものが全部目に入ってくるのです。)風が頬に当たる感覚が気持ちいい。鼻歌を歌う。春が来たことに感謝する。
休憩地点にて、草むらに咲いていたオオイヌフグリに癒されて、さて一句。
春の野に 星瞬いて イヌフグリ(お粗末)

桜はといえば...行きはつぼみだったものが、帰りにはちらりほらりと開いて。
今年もとっとと桜前線は駆け抜けていくんだろうな。

春爛漫へ、刻々と。
[PR]
by calligraphy_m | 2008-03-22 23:06 | 墨(象)
<< 巡る 内と外のさくら >>


Top

呼吸するように書く
by calligraphy_m