ある日の雨
f0024090_14421468.jpg




f0024090_23355752.jpg

















つんつんつんとみっつ尖ってきた。
固まりがだんだんとゆるんできて
赤が濃く、緑が濃くなってきた。

大事に守ってきたもんは何だったのだろう。
細っこい雨に濡れて、少し顔を出してる様子は
強さと脆さが見え隠れして
湿った空気をずずんっとゆらす。

ゆらされた空気におもわず反応して
湿った気持ちもずずんっとゆれた。
下向いた気持ちがちょこっと上向いた。

---
昨晩、半分眠りながら書いてたものが、今朝は意味不明となりました。
ことに、今日の明るい陽射しのもとでは、ぐだぐだと書き綴っているのがばからしくなって。ふほほほ。
でも、まぁいっかーと残しておくことに。
もともとこのブログでは、意味不明のものが散乱してるしねってことで。

ほれほれ、仕事しよ。
[PR]
by calligraphy_m | 2008-04-11 15:11 | 墨(象)
<< 空を彫る 桜は変わらずにそこに在りました。 >>


Top

呼吸するように書く
by calligraphy_m