渋谷の雑踏の中で、ぐるりとみまわしてみた。
f0024090_1413292.jpg

「ぐるりのこと」_■
人ってのは大なり小なりつらさや悲しみを抱えていて、それとどうやって折り合いながら生きていくか、そんな話です。主役のリリーさんの風貌そのままのゆるゆるとした話かと思えば、そうでもない、繊細で緻密なものが織り込まれてました。(中盤あたりで前列客席からいびきが聞こえてきたのは、中だるみのせいか?)
つらさや悲しみを乗り越えたときのふんわりとしたあたたかさが心に沁みます。
リリー・フランキーっていう役者がいたから、この話が成り立ったって思うほど、はまり役でした。暗い中にも下ネタが散りばめてあって、ちょっと気持ちが軽くなるけどやっぱりせつない。せつなくてあたたかい。そしてAkeboshiの曲「Peruna」に涙。
帰ってからもずっと聴いている。_You Tube
[PR]
by calligraphy_m | 2008-06-12 00:27 | 墨(象) | Comments(18)
Commented by kazuyoo60 at 2008-06-12 08:45 x
人のイメージでしょうか。そんな風に見えます。
>つらさや悲しみを乗り越えたときのふんわりとしたあたたかさが心に沁みます
何の経験もなくでは、人の心の奥深くまで分かることはないようですね。
辛さも痛さも経験したくないですよ。(笑い)
Commented by soukichi at 2008-06-12 08:50 x
calligraphyさん、おはよう!
こないだ朝の番組でこの映画のことが紹介されてました。
生活感のある内容、映像ながら、そこには柔らかい光が満ちているようで、私も見たいなと思いました。
もともと他人である人間同士が長く生活を共にして、しばしば立ちはだかる局面をこんな風に乗り越えていけるならいいだろうなと思わせる(想像させる)映画だったな。
映画三昧の数日、楽しめたかしら。
今日は雨ですけれど、元気で。See you soon.
Commented by ebito at 2008-06-12 12:34
悲しみやつらさが心から解き放たれていく、そんな風に見えます。
魂の浄化みたいな。

「お盆」の時期、見えるとしたらこんな風なのかなぁ(笑
Commented by calligraphy_m at 2008-06-14 00:13
>和代さん
別に人をイメージしたもんではないのですが、あの渋谷の交差点の群衆の中を歩いたもんだから、わたしの腕に乗り移ったのかもしれません。
今日なんか金曜日の夕方だったから、渋谷は異常なほどの混雑でした。で、空はマジックアワーです。「ザ・マジックアワー」を観て初めて知ったんですが、マジックアワーとは、日没後の「太陽は沈み切っていながら、まだ辺りが残光に照らされているほんのわずかな、しかし最も美しい時間帯」を指す写真・映画用語なんですってね。(Wikipediaから抜粋しましたー)渋谷の群衆の中、空を見上げれば素敵な夕暮れで、人とぶつからないように気をつけながら、見上げたまんま交差点を渡りましたよ。
そう、できれば辛さも痛さも経験したくない...。でもある日突然に気がついたら辛さや痛さと仲良くなったりしてて、あらまぁ、人間ってつらいわぁって思うんですが、でも、それだから楽しいこと嬉しいことが、一層輝くもんなんだと信じたいです。
Commented by calligraphy_m at 2008-06-14 00:21
>そうきちさん
こんばんはー。
先日はどうもどうも。いろいろありがとう。
あざとい!って思いながらも、やっぱり宣伝に乗せられて、観てきました「ザ・マジックアワー」。
くすくす、わはははと笑いがそこかしこで起こり、三谷さん最高!佐藤浩一最高!観終わって、劇場には「満足」というあたたかな空気が流れてました。
「ぐるりのこと」では涙涙涙、そして今回は笑笑笑で、頬の筋肉も忙しく動いて、少しは重力に反発できたと思われます。
映画三昧!って鼻息荒くしてたわりには、2本しか観られなくて、少しばかり残念な気持ちものこりますが、しょうがない!
またお会いましょう。
Commented by calligraphy_m at 2008-06-14 00:23
>ゑ人さん
ああん、またまた素敵なイメージを重ね合わせてくれて、ありがとーー。ふへへ、なんかニョロニョロ書いてたら、こんな風になりました。
お盆のとき、こんな風に見えたら、こわいような面白いような...笑。
Commented by fastfoward.koga at 2008-06-14 20:51
気になっている映画です。
先日トーキョーでポスターを見て、思わず立ち止まりじっと見てしまいました。

わたしは↑は、人の思いの形に見えました。
あっちへふらふら。
こっちへふわふわ。
みたいな。
Commented by mohariza6 at 2008-06-15 12:00
私も投稿された皆さんと同じ感想を今回の<書画>に感じました。

人々の歩みの跡…、<悲しみやつらさ>を含んだ、それぞれの人々の気持ちが、その跡に刻まれている(残像として残っている)と思いました。
Commented by ロココ at 2008-06-15 12:09 x
固まって重くなったかなしみが、いつしか涙になって流れて蒸留されてゆくところに見えるかなあ。
映画時間があったら見てみるね。そして今度おすすめ落語を教えて!
すっちゃかすちゃららすってんてん、ぱふー♪(←笑点)

Commented by calligraphy_m at 2008-06-15 22:47
>コガさん
オススメです。機会があったら観てみて。
飄々と現実を受け入れるリリーさんみたいな人がどっかにいてくれないかしらって思いましたが、オットにするには女たらしだし下ネタバリバリだし、ちょっとね。へへ。役と現実がごっちゃになってます...笑。
ふらふら、ふわふわ...混雑した渋谷の人混みを見るにつけ、痛い悲しい嬉しい楽しいっていう思いがひとりひとりの胸にあるんだと思うと、ちょっとばかりそら恐ろしい気持ちになるけれど、そこは都会人だから(実のところ埼玉の田舎の出ですが。笑。)考えないようにしています。
Commented by calligraphy_m at 2008-06-15 22:52
>mohariza6さん
ほほ。わたしがニョロニョロっと書いたものを、みなさんが深読みしてくださるので、とてもこそばゆい気持ちです。
ありがとうございます。
Commented by calligraphy_m at 2008-06-15 22:59
>ロココさん
うわわ。なんかとっても綺麗なイメージにしてくれて、ありがとう。
ええ、ぜひ観てください。リリーさんに惚れること間違いなし。
オススメの落語は志の輔でしょう。「みどりの窓口」は心底笑えるし、「しじみ売り」はちょっぴり泣けます。落ちがまた格別。「はんどたおる」もいいよ。
Commented at 2008-06-15 23:26
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kazuyoo60 at 2008-06-16 00:25 x
象の鳴き声ですか。テレビで聞いたような気もしますが。
立派に着飾った増産ですね。陶器、それは素晴らしいです。木のでしたら私も持っています。
ポニーを連れた人?、飼われてる人がいらっしゃるのですね。
タイの象さんたちはペットではなくて、仕事をしている象たちかなと思っていました。
えっ、入院なさるのですか。1週間で良いのですか。どんな状態か分かりませんが、成功を祈っています。痛いと思いますが仕方ないですね。
マイ枕は許されるでしょう。お持ちになった方が良いですよ。
どうぞお大事に。
Commented by calligraphy_m at 2008-06-21 15:17
>鍵コメントさん
そうでしたか。全然知らずに失礼しました。
できることならば、全く問題のないものを取ることのないよう、外から見て、良か悪かの判断ができたらいいのですよね。医療の進歩も目覚ましいから、そのうちそんなこともできるようになるのでしょうかー。
ってことで、昨日退院してきました。結局、5日間でした。
ほれほれ退院しなはれーっと強制的に歩かされ、まだ痛いのにーっと思いながらも退屈な病院内を歩き、ガスは出たかお通じはあったかと、まぁ何度も尋ね続けられ、優しいナースさんたちに甘えて、風のごとく去ってきました。まぁとりあえずひと息ついてます。
あれは、心の芯に迫ってくるお話で読み応えがありました。白い病室のベッドに横たわって読むと、なんか自分も無になった変な気分になったけど、決して暗くなったりせずに、うっすらとした希望を感じる物語でした。
Commented by calligraphy_m at 2008-06-21 15:31
>和代さん
増産...ふほほほ。ぞうさんのおみやげをタイの工場で増産してる図が思い浮かびました。UPSのパンダのCMみたいな感じで。
http://jp.youtube.com/watch?v=7qhbwQQV_Z8
ポニーはペットなんでしょうかね?
夕日に向かって多摩川を駆けるポニー、たてがみがキラキラと輝いて...って想像すると素晴らしい気持ちになりませんか?
っていうわけで、5日間で退院してきました。
昨今の医療費削減ってやつでしょうか?ドクターには、金曜日退院ですと冷たく宣言され、ナースさんからは、金曜日退院なんですって?と同情され...まぁ、退屈することもなく退院です。枕問題なんぞちっぽけなことで、ベッドのマットレスの鋼のような固さ問題の方がずっと大問題でした。
Commented at 2008-06-22 00:34
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by calligraphy_m at 2008-06-23 17:40
>鍵コメントさん
ほへへへ。精子だなんて、あなたさまらしい発想で。笑。
競争しない 批判しない っていったって、人間だもの。(みつお風で)
見栄もあれば嫉妬もあるってことで、桃源郷の仙人ぐらいしかできないと思うわぁと、わたしは開き直ってはみるのだけれど。

ありがとう〜。
一昨日より昨日、昨日より今日...と復活してます。
後は、取ったものが悪いものでないことを祈りましょうってところです。
歩く速さもカメからウサギへというのが理想ですが、そこは変わらないようです。あいかわらずゆるゆると歩むことになりましょう。
この作家さんのもの、違うものも読んでみましょう。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< パオーンと象が鳴く夜 梅雨の晴れ間に布団干し、そして >>


Top

呼吸するように書く
by calligraphy_m