渋谷の雑踏の中で、ぐるりとみまわしてみた。
f0024090_1413292.jpg

「ぐるりのこと」_■
人ってのは大なり小なりつらさや悲しみを抱えていて、それとどうやって折り合いながら生きていくか、そんな話です。主役のリリーさんの風貌そのままのゆるゆるとした話かと思えば、そうでもない、繊細で緻密なものが織り込まれてました。(中盤あたりで前列客席からいびきが聞こえてきたのは、中だるみのせいか?)
つらさや悲しみを乗り越えたときのふんわりとしたあたたかさが心に沁みます。
リリー・フランキーっていう役者がいたから、この話が成り立ったって思うほど、はまり役でした。暗い中にも下ネタが散りばめてあって、ちょっと気持ちが軽くなるけどやっぱりせつない。せつなくてあたたかい。そしてAkeboshiの曲「Peruna」に涙。
帰ってからもずっと聴いている。_You Tube
[PR]
by calligraphy_m | 2008-06-12 00:27 | 墨(象)
<< パオーンと象が鳴く夜 梅雨の晴れ間に布団干し、そして >>


Top

呼吸するように書く
by calligraphy_m