柳葉魚、歌う。
f0024090_18143319.jpg

柳の葉っぱの魚と書いて「ししゃも」って読むんだと
スーパーの魚売り場で白いトレーに乗せられた柳葉魚たちを見て知る。
木漏れ日に照らされて、柳の葉がさわさわするのと同じように
水中で光に照らされて、大量の細い身体がキラキラとする様を想像する。



f0024090_18161715.jpg

これから焼かれるとも知らずに、3匹で「アウー♪」って合唱してるような口。
ひとしきり歌を聴いた後で、網でじゅじゅっと焼いて、レモンひと絞り。
北海道産柳葉魚は滋味豊かにて美味。
そろそろアルコールを解禁しようかなぁとぐちぐち思ってる。

雨の中、子猫とお見合い。
つかみどころがなくて
するっと身体をかわされそうで。
抱こうと手を伸ばしたときに、目が覚める。
やわらかくて、あたたかな感触が人差し指だけに残った。
[PR]
by calligraphy_m | 2008-07-09 18:18 | 墨(和)
<< 七月宣伝の巻 緑ばかりなり >>


Top

呼吸するように書く
by calligraphy_m