2005年から棚でこずむ本。
f0024090_1210166.jpg




近所の本屋さんがバタバタと店じまいしていって(この一年ほどで3軒無くなった!)
後にはドラッグストアの赤と黄の看板がキラキラと輝いていくこの頃。
Yonda?エコバッグ_■がほしいわーって、まだ細々と続けている本屋さんに行き
新潮文庫の棚で、「2008 新潮文庫の100冊」のオビがついている文庫を探すけれど、全くない!
2005のオビのついているのは2冊、「こころ」夏目漱石と「天使のみつけかた」おーなり由子、2006のオビと2007のオビがちらほら。
そうか、こういう本屋さんの文庫は2005年くらいから売れ残っていて(いや、もっと前から売れ残っているのかも。)
この棚でこずんでいるんだとしんみりする。
そのまま買わずに出ると、この本屋さんも店じまいしてしまいそうだから
文庫はあきらめて、雑誌のコーナーで「装苑」を買う。
580円でこのお店が助けられるとも思わないけれど、少しでも貢献できたらと。
せっかく暑い中、汗をふきふき出かけていったのに用が足せずに肩を落とす。がくり。
その肩に蝉の鳴き声がずしりとのしかかってきた。

「装苑」は靴の特集で、暖かそうなブーツがちらほら。
この冬にはブーツを新調したいなと思う。
文庫はアマゾンに頼むかなぁ。
本屋さんがなくなるのは忍びないけれど、それも時代の流れで仕方ないかと思う。
[PR]
by calligraphy_m | 2008-08-09 15:20 | 墨(和) | Comments(6)
Commented by kazuyoo60 at 2008-08-09 17:36 x
元気な蝉の鳴き声が聞こえそうです。朝も夕方も蝉が鳴きます。
本屋さんが閉店ですか。残ったお店は、生き残ってほしいですね。あまり本は買いませんが、それでもたまには。(笑い)
冬を恋してですか~。思っただけでも今は暑いです。
Commented by babamaruko at 2008-08-09 22:06
いいですね〜。ウチの庭にも蝉がいるらしいんですが、その鳴き方と言ったらなさけないほど遠慮気味で(笑)
この書のように蝉らしくないてくれればいいんですけどね。

少し前に「散歩がてらに」少し遠いけど大きな本屋さんへと歩いていったんです。
そうしたら、なんと閉店。
まともな本屋がすくなくなり、中途半端な本屋ばかりになってしまって、さみしいかぎりです。
Commented by soukichi at 2008-08-10 12:53 x
いい本屋、いい喫茶店、どんどんなくなりますね。
買ったばかりの本を家まで待ちきれずに喫茶店に入って読む、なんてこともできなくなったし、しなくなった。
近所の、おじいちゃんがやってた店もとうとう閉店しました。さみしい限り。
ところで2つ。
『こずむ』の意味がわからなかった私。常用語?
それから今日の書を見て時代劇を連想してしまった私。
最近とみにTVというヤツを見ないのですが、いい時代劇が見たかったりする。なぜか・・・(^-^)
Commented by calligraphy_m at 2008-08-10 18:49
>和代さん
今日はいつもに比べてしのぎやすい日ですが、奈良はいかがでしょう?
でも蝉の声はジリジリと聞こえてきます。毎日ご苦労様です。
その上、ベランダの植物たちは水が欲しいーーとアップアップしています。
ネコのひたいほどのベランダの、小さな鉢植えコーナーですが、1日2回の水やりは結構手間がかかります。
和代さんの庭のお花も水やりが大変じゃないですか?
洗濯物は良く乾くので、お日様の匂いのするバスタオルをすりすり頬に当てて、この時ばかりは、夏ってやっぱりいいなぁと思うのです。
Commented by calligraphy_m at 2008-08-10 18:53
>babamarukoさん
はははは。babamarukoさんに気を遣っているのかも?
中途半端な蝉の鳴き声も、結構気になります。
鳴くなら鳴くではっきりせい!って喝を入れたくなりますね。笑。

本屋さんは受難の時代ですねぇ。
大きくても小さくても街中から消えていってます。
アマゾンで買うよりも、実際手に取ってパラパラして買いたいと思うわたしは、とっても困ります。
Commented by calligraphy_m at 2008-08-10 19:08
>そうきちさん
あれ?「こずむ」って言わない?
心配になって広辞苑で調べてみました。
そしたら、「かたよる。傾く。一つ所にかたよって集まる。」とありました。
うーん、なんか違うぞーってことで、ネットで調べてみたら、↓の方が近いです。
http://questionbox.jp.msn.com/qa2409543.html?StatusCheck=ON
じっとりと沈殿してるイメージかな。方言だったのですね。
静岡弁となってますが、両親が長野出身なので、おそらく長野でも使ってたのでしょう。
今頃になって知る驚きの事実!はははは。
↓こんなのもありました。圧倒的にバツの方が多い!
http://kotonoha.cc/no/124382
ちなみに、「やぶせったい」とか「ささらほうさら」っていうのも、中学生まで標準語として使ってました。友達から「なにそれ?」って言われてようやく気づいたのでした。ほほほほ。
時代劇は「篤姫」見てますよー。
最初の頃に出てた菊本(佐々木すみ江)が渋かったし
エキセントリックな髙畑淳子の本寿院もなかなかなもんです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< Vサイン 西瓜のおまんじゅうを食べる。 >>


Top

呼吸するように書く
by calligraphy_m
【プロップデザイン】
お仕事のご依頼、お問い合わせはこちらまで
mail>>


ブログランキング・にほんブログ村へ

【LINK】
カテゴリ
墨(和)
墨(英)
墨(象)
篆刻
仕事&宣伝の巻
イラスト
カレンダー
はじめまして
最新のコメント
>さへいじさん、不思議画..
by calligraphy_m at 14:38
どんな気分でしたか?
by saheizi-inokori at 21:44
>K◎さん、それなりの牛..
by calligraphy_m at 11:43
牛蒡スープ... 肖りた..
by katcat2121 at 13:05
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
more...
検索
タグ
(40)
(18)
(17)
(15)
(13)
(11)
(11)
(8)
(7)
(6)
(6)
(4)
(3)
(3)
(2)
(1)
記事ランキング
ブログジャンル