安曇野を自転車で走る。
f0024090_12121215.jpg




お盆がそろそろ終わりっていう時に、車に自転車をぶち込んで、信州は安曇野へ行ってきました。
事前情報によると自転車道が整備されてるってことで、里山に吹く風を頬に受けて、さぞ快適に走れるんだろうと妄想が妄想を呼んで、頭の中がもくもくと支配されていたのに、ホテルへの激激激坂によって、その妄想ははかなく露のように消えていったのでした。
ええ、ええ、宿があんな山ん中にあろうとは!不覚でした。
同居人からは、つづらおりの地図の道を見れば、そんなのすぐにわかるだろうにと言われ...。(昔っから地図を見るのは苦手でした。涙。)
次の日、その激坂を恐る恐る下って、安曇野の快適な道を走る...。(帰りに訪れるであろう苦悩を憂いつつ。)
空は曇り空だったけれど、適度な気温で走りやすいし、車は少ない。

f0024090_1819215.jpg




















安曇野は水の豊かなところでした。どこを走っても水路があり、水音に癒されて、水田に吹き渡る風は気持ち良く、遠くを見やれば山の稜線にぐるっと囲まれて、里山の夏に抱かれて申し分のない走りでした。いや、最後の激坂さえなければ。
帰りのホテルへの激激激坂は想像した通りつらく厳しく、はぁはぁぜぃぜぃ息を切らし(心拍数は170をすぐに超えました。)、汗はぽたぽた流れ落ち、足を回すも全く前に進まず、リタイア。
先に行った同居人に車で迎えにきてもらい、自転車ごと回収されたのでした。ちゃんちゃん。

安曇野自転車行、いつの日かリベンジはできるのか。
[PR]
by calligraphy_m | 2008-08-23 18:22 | 墨(象) | Comments(6)
Commented by kazuyoo60 at 2008-08-23 19:52 x
自転車を積み込まれてですか。それはそれは。
景色も綺麗で、今日は涼しくて良かったでしょう。
Commented by soukichi at 2008-08-24 22:46 x
calligraphyさんって面白いな(^-^)
出不精の引きこもりだとか言ってて、ときどきすごくアクティブ!
私も昔から安曇野サイクリングに憧れてた。
あと奈良も。
京都の町の中はバスが走ってるんだけど、なんたって駅前近辺がすごい渋滞なもんだから全然時間通りになんか来ない。
京都の無印でレンタサイクルを借りていつか走ってやろうと思うのだけれど、やっぱり坂だらけなんだよねぇ・・・
でも、いい旅だったみたいで何より!
Commented by calligraphy_m at 2008-08-27 23:44
>和代さん
お盆の終わりの頃に2泊して、1日目が温泉でのんびりして
2日目が心臓ばくばく汗だくだくの自転車足回し
3日目はギャラリーや趣のある喫茶店をまわって、安曇野を満喫しました。
まぁまぁ良い休みとなりましたが...
帰ってからの押せ押せスケジュールにアップアップです。ふー。
Commented by calligraphy_m at 2008-08-27 23:49
>そうきちさん
引きこもりなんだけど、昔の体育会系の名残(バレー部で体育館の床を転げ回ってたのです)が身体に残っていて、坂を克服することに執念を燃やすんだけど
体力がついていかずに、執念はぷしゅぷしゅっと不完全燃焼となります。
奈良も京都も自転車で回るのはいいね!
桜や紅葉の頃はハンパじゃなくすごいからね。
機会があれば、ご一緒しましょうか〜?
それまでに足を鍛えておきます。笑。
Commented by fastfoward.koga at 2008-08-29 13:51
爽やかな高原の風景ですね。
でも、自転車は大変だったと(笑)。
その落差が妙にほほえましく思いました。

わたしもよく地図では高低差は読み間違えます。
旅先で坂道に泣かされること、多し。ふっふっふ。
Commented by calligraphy_m at 2008-08-29 16:54
>コガさん
つづらおりになってる道は、山の上り下りの道なんだと
恥ずかしながら、この年になって知りました。
脳に新しいしわが刻まれたようです。ふっふっふ。

コガさんの次回の旅はどこなんでしょう?
スニーカーは新調しましたか?

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 「羊雲」彫る。 晩夏光 >>


Top

呼吸するように書く
by calligraphy_m