春には夏を思い、夏には秋を思い、秋には冬を思う。
f0024090_17452114.jpg

座を温める余裕もなく、次の季節に気もそぞろ。

友から「私たちの誕生日の季節になっちゃったね」とメールをもらう。
そう、これは秋の年中行事。

shigeさん_■からご案内をもらったので、一点の曇りのない秋空の日に星乃久美さん_■の焼き物を見に行く。





f0024090_17463410.jpg
f0024090_1747231.jpg

紺碧の空にビルは突き刺さって、足下から水玉キノコが生える。
ここまでは気持ちが秋に支配されていたのだけれど

星乃さんの雪景色を思わせる地肌の焼き物を見て
雪のはらはら舞う野原を思う。

その後、雪国出身の透きとおるような肌を持った子に会う。
故郷の雪は冷たいけれど暖かいと言う。
厳しいけれど優しいと言う。
雪国育ち特有の感覚なんだそうな。

焼き物と会話で、気持ちが暖かい冬の白に覆われた。


さて、このスクエアな器に何を盛ろう。
f0024090_17474342.jpg

[PR]
by calligraphy_m | 2008-10-15 17:48 | 墨(象) | Comments(6)
Commented by kazuyoo60 at 2008-10-15 18:15 x
キノコのオブジェですか。綺麗で楽しいです。快晴ですね~。
不思議な色合いのお皿です。でも懐かしい雰囲気です。
Commented by ebito at 2008-10-15 21:43
まるで本の表紙絵のような、これから素敵なお話がはじまりそうな一枚ですね。
装丁家(鈴木成一さん)におまかせしたらスゴいのが出来上がりそうです〜。
Commented by calligraphy_m at 2008-10-16 23:54
>和代さん
これは草間彌生の作品ですね。
赤坂アートフラワー08の一環らしいですけど、
http://sacas.net/artflower/artist/index.html#kusama
作品タイトルは「Dots obsession」となっているから、水玉の妄想とでも訳すのでしょうか。決してキノコとは言ってないんですよね。ははは。でもキノコに見えるよなぁ。それも毒キノコ。
今日は、このお皿に、先日煮た金時豆を盛りました。白と灰の真ん中にアズキ色がなかなかに映えましたよ。
Commented by calligraphy_m at 2008-10-17 00:07
>ゑ人さん
おおー、なんだかすごい人のお名前があって。ふほほほ。
竹尾からもらった紙見本に落書きをしていたら、白の紙の次にこんな赤茶のテクスチャアの紙が出てきて、「お、これは白と赤茶で、冬と秋のイメージだわー」って、今の気分にぴったりなことになって、竹尾様々となりました。
そんなこんなで、お披露目してみましたよ。
Commented by shige4343 at 2008-10-18 04:49 x
昨夜の陶芸教室は
_mさんちにお嫁入りした□のお皿のことや、
おいしいみやげ話をたっぷりと
伺ってると、
秋風を切って走るロードバイクが浮かびました。

トウキョウでの刺激から、
先生いっそうパワーアップされたようです。



Commented by calligraphy_m at 2008-10-19 19:32
>shigeさん
こんなに晴れた日は一年にそうはないのじゃないかっていう日に、麻布十番に出かけられて、先生と楽しく会話できて、お気に入りのお皿も手にいれることができて、うっほほうっほほ、本当に良き日となりました。
その後、うちに嫁入りしたお皿は、金時豆や豆大福をのせてみました。今日は栗きんとんです。何をのせても美味しそうに見えるので、うっほほうっほほな気分でいただいています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 秋は何かしら降ってくる。 十三夜の窓辺 >>


Top

呼吸するように書く
by calligraphy_m