近所の川辺の桜は、いまこんな感じ。
f0024090_23515721.jpg




f0024090_23424990.jpg梅や桃がすっかりほころんで
心は早くも桜の花を待つ。

あ、でもその前に沈丁花の花が咲くんだな。
花が匂い立つとともに、卒業シーズンがやってくるんだな。
今年は姪1号が遠くに行ってしまうことになってて
おばさんとしては、寂しいかぎり。
お別れに何を贈ろうか、考える。


【blogランキング】
[PR]
by calligraphy_m | 2006-02-27 23:43 | 墨(和) | Comments(6)
Commented by ピノコ at 2006-02-28 11:55 x
わお!
素敵!
Commented by calligraphy_m at 2006-02-28 23:48
>ピノコさん
ありがとお!
Commented by 平蔵 at 2006-03-01 01:09 x
あれっ、今回は墨の色だけじゃなくて紙も、、、。

Commented by calligraphy_m at 2006-03-01 23:05
>平蔵さん
ええ。ただ単に気まぐれでして、紙の背景も入れてみました。ハイ。
Commented by coeurdefleur at 2007-02-27 06:32
去年は春先雪が降りましたね。
今年は本当に暖かい。
ミモザは満開だし木蓮も辛夷も蕾をふくらませています。
桜も枝先を紅く染め始めました。
こういうのはなんだか嬉しい出来事だけど、一回も営業できなかったスキー場のニュースなど見ると不安も。
大丈夫か日本。
Commented by calligraphy_m at 2007-02-28 01:01
>まぁ、柊さん
一年前のものにコメントつけてくれて!ありがとう。
自分でも懐かしいです。で、たいして成長してないとも...。たはは。
雪、降らないねぇ。今年はもう降らないのかしら?
雪の降らない冬なんて!と天を仰いでも、青空は気持ちいいからね。
暖かいのは楽チンでいいよぅ〜、暖冬ノープロブレム!
なんて、ノー天気なことを言ってるのは同居人...。
こんなにのんびりと暖冬のことを語っていられるのも、今のうちだなぁと思うのですが、かといって、個人が何をすれば効果的なのか...。
せめて、スーパーにマイバッグ持ってくぐらいなんだよねぇ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 自由に生きる者たちのお話 雨あがる。 >>


Top

呼吸するように書く
by calligraphy_m