<   2007年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧
宵の匂い
f0024090_14174868.jpg

「バベル」を見る。痛々しさとやり切れなさが突き刺さってくる。
帰り道、映画の余韻に浸りながら、しとしと降る雨の住宅街を歩いていると
きんぴらごぼうの香ばしい醤油の匂いが漂ってきた。夕餉の時間。
映画の中の不幸や危機や孤独に対峙する家族の顔が、頭の中からほわっと抜けていき
代わりに現実のささやかな幸せが、ほわーんと心の中を占めてゆく宵。
鼻をくんくん動かすと、腹の虫がぐぐーっと鳴った。平和だね。

我が家の平和な晩ご飯は、揚げ出し豆腐に茗荷を大量に載せて。
沖縄産と書かれたピーコックの茗荷はぷくりと太って大きい。

紫陽花も咲き出して、梅雨はもうすぐ。
[PR]
by calligraphy_m | 2007-05-31 00:53 | 墨(英) | Comments(8)
調子に乗りすぎ、奥多摩の手前まで
f0024090_2314134.jpg

昨日も自転車で青梅線の御嶽とかいう駅まで走ってきましたよ。往復110キロだそうです。多摩川の上流は水が澄んでいて流れが厳しく、上を見れば山また山、新緑がみずみずしくて、汗をかいた身体をじんわりと癒してくれました。天ぷらそばを食べてひと息。
新しい自転車にしてからというもの、自分の足をひょいっと回せば、それがいい具合に自転車に伝わって、ぐぐんと前に進む感覚です。無駄がないってことなんだろうなぁ。かなり調子に乗っちゃってます。乗りすぎて相変わらず帰りは大変です。向かい風がひゅうひゅうで、青い空を恨めしく眺めながらの走りです。そんな中、ひばりがひよひよひよと空に上がってゆくのを目の端っこにおさめながら、ふぃーっと足を回し続けました。

そんなわけで、今日はどよーんとけだるい身体をひきずってます。
でもね、梅雨に入る前にどんしゃか走ろう!と思う初夏なのです。
[PR]
by calligraphy_m | 2007-05-27 18:21 | 墨(象) | Comments(14)
のののの
f0024090_22254763.jpg


>>>
[PR]
by calligraphy_m | 2007-05-22 00:13 | 墨(和) | Comments(20)
羽化
f0024090_2350543.jpg


>>>
[PR]
by calligraphy_m | 2007-05-19 00:58 | 墨(象) | Comments(8)
日々
f0024090_2219383.jpg

明け方のタクシーは、しゃべりまくった充足感と疲労感をひきずって走る。
白々と明けてゆく街は休むことを知らず。

イタリアの地で自転車レースがはじまった。
またしても本命不在。

手紙を書く。
春色マフラーとともに。

スカート丈を直してもらう手筈。
頼んだTシャツと違う色が届く。
浜辺に干されたTシャツも届いた。
潮の香りが鼻をかすめた(気がする)。

日々はよどみなく流れて。
[PR]
by calligraphy_m | 2007-05-13 00:13 | 墨(象) | Comments(22)
檸檬とアブラムシとライラックと。
f0024090_1702081.jpg


>>>
[PR]
by calligraphy_m | 2007-05-09 15:07 | 墨(和) | Comments(10)
薫風の頃なのに
f0024090_23482455.jpg

今やっているのは、「風」という字が入っている名前のお菓子。
風、風、風...と何回も書いてみる。
書いているうちに、だんだん性格の悪そうな風になってきた。
(肩で風を切ってえばりくさってる風に見えません?)

窓を開けて、夜風を入れてみた。
隣のうちの屋根の上で、赤い星が輝いてる。
わたしの頭と腕と筆に、5月の爽やかな風が吹いてこないかなぁと思う夜です。
[PR]
by calligraphy_m | 2007-05-08 00:03 | 墨(和) | Comments(14)
調子っぱずれ
f0024090_1162888.jpg

赤い自転車を買ったので、さあひとっ走り...とはいかなくて。
しかたがないので、赤い自転車を眺めながら歌うのです。

赤い電車に乗っかって
僕はどこかへ行ってしまいたい
「赤い電車〜くるり」_■

電車のところを自転車に替えて歌うのです。

赤い「自転車」は歌い出す
ファソラシドレミドー♪
赤い「自転車」に乗っかって
夢を探しにゆくんだよー♪

調子っぱずれの声が響いて、仕事に身が入らない日でした。
[PR]
by calligraphy_m | 2007-05-04 23:24 | 墨(象) | Comments(8)
疲れ目の治し方
f0024090_1194311.jpg

ここ数日のひきこもりで、とうとう食料も底をついてきたよってことで
買い出しに外に出ると眩しい日差しにくらくらっときた。
疲れ目には厳しいなぁと、目をしばたかせる。

そこへ足下にころがってきた黄色いソフトボール。
拾いあげて、誰のだろうとあたりを見回すと
お向かいの家の2階のテラスから、顔を出すグラブをはめたイタズラっこ。
(以前、ピンポンダッシュをした子だっ!)
結構高いなと思ったけれど
彼のグラブめがけて、おもいっきり投げあげた。
青空に黄色いボールの軌跡。

暴投!
グラブを大きくはずれて、奥の方まで飛んでった。
コントロールの無さにあきれつつ
久しぶりに肩を大きく振って投げる動作が心地よく
しばらく空を見上げて、その余韻に浸った。


買い出しから戻ったら、イタズラっこはシャボン玉遊び。
青空にシャボン玉がふわふわと飛んでいき
ああ、メルヘンな空だわと、また空を見上げた。

ちょっとだけ、疲れ目が治ったようです。
[PR]
by calligraphy_m | 2007-05-01 01:30 | 墨(象) | Comments(18)


Top

呼吸するように書く
by calligraphy_m