<   2008年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧
f0024090_19581511.jpg

夕方、買い物に出たら、風がひゅーひゅー、木がざわざわ
ついこの前までは虫の声も盛んだったのに
今は耳を澄まさなければ聞こえないほどにちんちろりん。
冬が近いことを知る。
昼間は半袖でバレエのおさらいをしてたのに、この気温差はどうしたことでしょう。
北の山からは雪の知らせがちらほらと聞こえてくるから
少々気が早いとは思ったけれど、雪のマークを篆刻に。
印刀をサクサクとふるえば、老という名の赤い眼鏡が活躍し、肩は固まる。
人恋しさで、コリコリと首を鳴らしてみる。
抹茶ミルクのひどい甘さに酔って、夜も更ける。

>>>
[PR]
by calligraphy_m | 2008-10-29 22:24 | 篆刻 | Comments(4)
かつての授業、創作ダンスの苦悩を払拭したい...
f0024090_1125628.jpg

先生に経験はありますか?と聞かれて、バレエではなくバレーだったらやってたんですが...と、オマヌケな答えをしたのが恥ずかしい。

>>>
[PR]
by calligraphy_m | 2008-10-23 01:01 | 墨(象) | Comments(4)
秋は何かしら降ってくる。
f0024090_23432156.jpg


>>>
[PR]
by calligraphy_m | 2008-10-21 18:57 | 墨(象) | Comments(6)
春には夏を思い、夏には秋を思い、秋には冬を思う。
f0024090_17452114.jpg

座を温める余裕もなく、次の季節に気もそぞろ。

友から「私たちの誕生日の季節になっちゃったね」とメールをもらう。
そう、これは秋の年中行事。

shigeさん_■からご案内をもらったので、一点の曇りのない秋空の日に星乃久美さん_■の焼き物を見に行く。

>>>
[PR]
by calligraphy_m | 2008-10-15 17:48 | 墨(象) | Comments(6)
十三夜の窓辺
f0024090_0414137.jpg

良寛さんの句を思い出した。
いえね、うちには盗人は来ませんが、窓に白い月がありますので。

真夜中の空気がぎゅぎゅっと詰まった時間に、月の光と対話しながら墨遊び。
グレン・グールドのバッハが軽やかに聴こえてくるので_(You Tube)
そのせいか筆もさらさらと動いて心地よい。
金木犀はほんのりと香りを残して、冬の足音がするすると忍び寄ってくるから
さあて風呂に入って温まろうかと、筆を置く。

>>>
[PR]
by calligraphy_m | 2008-10-11 01:23 | 墨(和) | Comments(4)
マジックアワー日和
f0024090_2348945.jpg

それは、マジックアワー一歩手前の時間で

>>>
[PR]
by calligraphy_m | 2008-10-09 23:52 | 墨(象) | Comments(6)
青い空の下で、青い風船、そして小学生からの贈り物。
f0024090_23114938.jpg

その風船には小学生からの贈り物がついていました。

>>>
[PR]
by calligraphy_m | 2008-10-03 23:53 | 墨(象) | Comments(8)


Top

呼吸するように書く
by calligraphy_m